アパートローンとは

アパートローン

アパートローンとは、アパートを建築したり購入するために組むことができるローンです。

一般的な住宅ローンとの大きな違いとして、自分が住むわけではない不動産に対して利用できるローンです。

そんなアパートローンを利用できる不動産物件は何でも良いわけではなく、誰でも与信審査を通過できるわけではありません。

アパートの建築は非常に高額となるため、経営したいと考えている方はアパートローンを活用することになります。

アパートローンの対象となる不動産物件は、アパートやマンションの建築が該当します。




アパートローンの審査

ただ住宅を建設するだけではなく、アパートでは入居者を募り家賃収入を得るための事業として考えられるので、収益が得られる事業かどうかをしっかり判断されます。

アパートやマンションを建設するだけでなく、新たに購入する場合や増築、改築にも活用できるローンです。

ローンを利用するためには、団体信用生命保険への加入があわせて必要なケースが多いため、健康な方でなければ建築は難しいものとなります。

アパートローンとは銀行からの融資なので、しっかりした経営基盤に加えて十分な収入が得られる不動産かどうかも重要なポイントとなります。

アパートローンを利用

このようなアパートやマンションの建設は、人が多く住む住宅地などは一つの狙い目ですが、最寄り駅との距離が近く便利な立地であれば、多少土地が狭くとも収益を上げることができる賃貸物件となります。

徒歩で移動可能な距離としては15分程度が一つの目安となりますが、駅から離れた郊外の土地であっても、一部屋二台分の駐車スペースがあればほとんど常に満室を維持できる人気のアパートとなれる可能性があります。

アパートやマンションなどの集合住宅は、最初の事業プランが決め手です。

簡単に変更することはできないため、アパートローンを利用するためにはしっかりと地域の需要を調査して、十分な間取りと設備を揃える必要があります。

また近年では多くの賃貸物件が建設から40年以上経過しており、新しいアパートやマンションの需要は今後も高まってくると考えられています。

さらには、景気への不安から自身の持ち家を抱えることが大きなリスクともなるため、あえて賃貸物件を活用したいと考えている方は多いのです。

さらには高齢者向けのバリアフリー化した物件が人気を集めているので、アパートローンを活用する方は増えています。

アパートローンを利用できる不動産としては、このような入居者へのニーズを満たした物件が中心となります。

100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営。



アパート経営

アパートローン

  • 不動産投資で利用できるローンの種類

    不動産投資ローンの種類 不動産投資をローンで行う場合、ローンの種類を知っておく必要があります。 しかし種類と言っても借入先となる金融機関についての違いがあるくらいなのでそこまで難しい話ではありません。 不動産投資ローンの借入先は大きく分けると、 公的機関、銀行、ノンバンク…

  • アパートローンでも団体信用生命保険に加入できる?

    団体信用生命保険に加入できる? 住宅ローンの契約時には加入を条件としている金融機関も多い「団体信用生命保険」ですが、アパートローンの利用時にも加入ができるのでしょうか? 結論からいえば、アパートローン利用時も団体信用生命保険への加入は可能で、むしろ条件としている金融機関が多い…

  • アパートローンの審査基準。審査をパスするポイントは?

    団体信用生命保険に加入できる? 住宅ローンの契約時には加入を条件としている金融機関も多い「団体信用生命保険」ですが、アパートローンの利用時にも加入ができるのでしょうか? 結論からいえば、アパートローン利用時も団体信用生命保険への加入は可能で、むしろ条件としている金融機関が多い…

  • アパートローンの申し込み手続き

    アパートローンの申し込みアパートローンの申し込み手続きにはいくつかの情報が必要となります。 なぜなら非常に多くの資金が必要となるため、さまざまな情報から審査をしなければならず、金融機関からは多くの情報を求められることになります。 申し込みの最低条件としては、ロ…

  • アパートローンと相続税対策

    相続税対策にアパートローン 親が不動産を所有していていずれその土地を相続することなれば、その時に発生する相続税は決して少ない金額ではないケースもあります。 さまざまな相続税対策がありますが、そのひとつとしてアパートを建てる方もします。 そして目的は相続税対策のため借金をする…

ページ上部へ戻る