記事の詳細

一棟投資と区分マンションどちらが有利?

不動産投資を行おうとした時に、最初に悩むのが一棟投資と区分マンション投資のどちらにするかです。

それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが有利・不利というものではありません。

基本的に不動産投資といっても人それぞれの資産状況・属性・投資目的などに違いがあるため、不動産投資を行う上での優位性については、投資家の不動産運用に対する考え方次第だと言えるのです。

不動産投資をしている方の87%は会社員や公務員!

一回の入力作業で複数の不動産に資料を一括請求が可能!

無駄な手間を掛けずに、民泊ビジネスに適した投資物件を探してみては?

区分マンション投資について

まずは一棟投資と区分マンション投資の違いから解説してみます。一棟投資とはマンションなどを一棟まるごと購入することを言い、区分マンション投資とは一室単位で購入することを指します。

区分マンション投資では比較的に少ない金額から投資を行えるメリットがあります。

特に近年では単身者向けの物件に注目が集まっているので、さらに投資のための資金は少なくてすむでしょう。

また区分マンションの場合、共用部分の補修やメンテナンスなどは管理組合で行うことになるので、管理維持費という点でも資金は多く必要ありません。

しかし入居者が退居した場合など、次の収入が見込めるまでの期間は収入がなくなるのがデメリットです。

また同一建物内で空室率が高くなってきた場合、家賃の値下げ合戦が始まり想定していた金額よりも低い家賃設定をしなくてはならないといったリスクはあります。

仮に賃料を下げるとしても、他のオーナーと相談することも難しいため、家賃設定の統一や調整を図ることでできないのが現状です。



一棟収益物件の投資について

では一棟投資の場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

一棟投資の場合、区分マンションよりも購入時の資金がかかってしまうデメリットはありますが、その分金融機関としても担保として認めやすいメリットがあります。

担保として認められやすいということは、そのまま不動産投資ローンを組みやすいと言い換えても良く、非常に資金効率が良くなるでしょう。

また一棟収益物件投資を行う場合は、賃料を全体のバランスを見ながらオーナーが決めることができ、管理会社と相談をしながら管理していくことが可能です。

区分マンション投資では、家賃設定に意図的な全体の統制を持たせることができなかったことが、一棟投資では所有者の判断でできるようになるのが大きな魅力でしょう。

また空室ができたとしても住人全員がいなくなるワケではありませんので、収入がゼロにならないのも一棟収益物件ならではのスケールメリットなのです。

デメリットとしては資金が高額化するのとあわせて、リスクの分散ができないという点があります。

区分マンション投資ですと、一室ごとの所有になるのであちこちへと投資することが可能ですが、一棟投資の場合は土地付きで丸ごと購入するので、災害などが起こった場合のリスクが高いのです。

一棟収益物件投資と区分投資の特徴を見てきましたが、長期的な視点で見れば物件の種別よりも物件自体が重要な要素であることがわかりました。

またどちらの不動産投資を行うにしても資金面調達ありきのためまずは信頼できる不動産会社に相談をしてみることをおすすめします。


関連記事

ページ上部へ戻る