記事の詳細

もっと安く不動産取得が可能に

不動産投資は様々な物件から投資に値する物件を購入することからはじまります。

投資する予算に関係なく不動産投資を検討している方は必ず不動産の購入の際に値段の調査をしておくのが鉄則ですが、その調査方法も様々あるのです。

まずは購入を検討している不動産の「路線価」を確認しておきましょう。

土地は国で評価額を毎年一回決定づけています。そのため「地価」は不動産を購入するために必ず参考にします。

インターネットでも確認できるので不動産の購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。

妥当な値段を知る

国土交通省地価公示を行っています。発表された地価公示価格情報を基に地価推移を確認も可能で、地価を知ることで周囲の物件との値段の比較もすることが出来ます。

また確認しておけば不動産会社からの「ボッタクリ」に合わずに妥当な値段を知ることができるので、必ず物件の購入前には確認を怠らないようにしておきましょう。

国土交通省のサイトで路線価を調査

不動産を相続する時には、相続税がかかりますので注意が必要です。路線価と土地の評価額を確認する必要があります。路線価は積算価格を割り出す際に必要となります。

国土交通省のサイトで自分で路線価を調査することも可能です。不動産の売買や相続の際には必ず一度は目を通しておきましょう。

土地価格の値段なので「1㎡当たり○万円」と表示されることになります。実際に販売される価格とは異なりますが、土地の評価額は確認することができます。

評価額を下げて相続税を安くする

ちなみの相続の際に不動産を貰い受ける際には土地の評価額を下げることで節税を行うことが出来ます。

不動産の条件によって大幅に評価額を下げて相続税を安くすることも可能ですので高額な不動産の取引や相続の際には条件を確認し適応する条件日どうかを知り事も大切です。

税理士に相続税や固定資産税についてシュミレーションしてもらうと不動産の取引や相続に於いて金銭面でもお得に無駄なく取引、相続をすることができるようになります。

そのため不動産の条件を事前確認

評価のポイントは用途地域と土地の形状などによって異なります。

  1. 商業地、近隣商業地域周辺の時には(+10%)です。
  2. 第一種住居地域、第二種住居地域と指定されている地域は (プラスマイナスなし)
  3. 第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地などは (-10%)と決まっています。
  4. 準工業地域、工業地域は(-30%)という評価になります。

このことから商業用地が不動産活用の制限が少なく、その分の価値も高くなっています。

また反対に工業地区周辺の不動産は汚染や住環境に影響がある可能性があると考えられていて不動産の評価は下ることになります。

土地の形状によっても評価が異なります。例えば長方形よりは四角違法が評価額が良くなります。

また接道が長い方が良いほうが評価額も良くなります。土地雨の状態に合わせて評価額が異なり、毎年1月1日に更新される時も評価が変更になるケースもあります。

投資前に購入する物件の妥当な値段を自分で調査

投資前に購入する物件の妥当な値段を自分で調査することはとても大切なことです。

不動産投資をしようと検討している方も、ここが肝心なのです。

如何に購入価格を妥当で安く購入OR相続するかで、その後の不動産運用をうまく行かせることが出来るようになるからです。

一回の入力作業で複数の不動産に資料を一括請求が可能!

関連記事

ページ上部へ戻る