記事の詳細

投資の前の不安・投資の後の実際

リスク

欧米では日本とは比較にならないくらい投資や投機と呼ばれる資産運用が盛んに行われています。

私と欧米の友人との会話で、ストックマーケットや先物取引の話題、住宅投資の話題が当たり前の話題として会話に登場します。

投資に関して無頓着だった頃の私は、日本と欧米での投資への考え方の違いに驚いた記憶が今でもあります。

このように欧米では投資は広く一般的に行われているのです。

一方日本では、投資をされていない方が抱く投資のイメージは「投資はお金持ちのやる事」「そんな危ないものとても素人には無理」といったネガティブなものです。

そして自分とは無縁の世界と決めつけてしまい、投資を敬遠している方が多いようです。

誤解が原因?

ではなぜ多くの人が資産運用をためらってしまうのでしょうか?

実は私個人が投資未経験者の方の相談に乗っていく間に未経験者が抱えがちな「誤解」によるのではないか?と気づいてきました。

日本は世界の中でも特に貯蓄率が高い国民性で知られています。

この貯金に対する考え方と未経験者の方が思い描く不安を通じて、投資を始める前に知っておいて欲しい考え方をお話ししたいと思います。

「投資とリスクの関係」

投資で起こるリスクはどうしても避けて通る事が難しい問題です。当然私もノーリスクで投資を行っているかというと決してそういうわけではありません。

投資をした結果期待したほどの収益があげられないこともあります。

そしてどんなに自信を持って行なった投資でも、想定と異なった結果になることももちろんあります。

しかし、私が今まで経験してきてわかったことに、「予想外=投資初心者にとっての不安」という図式は必ずしも成立するものではないということです。

そしてこの「投資前の不安≠リスク」という関係に気付くためには、実際に不動産投資を行なってみなければ決して気付くことができないものなのです。

「はめる前に感じていた不安」

それでは不動産投資を始める前にみなさんが思い描く不安はどのようなことに基づくのでしょうか?

例えば「赤字になったらどうしよう」「住宅ローンを抱えているのにこれ以上ローンを抱えるなんて考えられ無い」「一文無しになったらどうしよう」といったことが多くの方が抱える不安だと思います。

かく言う私自身もはじめて不動産投資を行った時には本当に大丈夫かと不安を抱えてスタートしたことを覚えています。

実はこの「不安」は、ほとんどが未経験であることに起因する「見ず知らずの物への不安」なのです。

それではこの見ず知らずの不安が経験を経ることでどのように変わるのかみていきましょう。

「始めてみると」

不動産投資

見ず知らずの不安=未経験の不安」というのは経験を積むことでほとんど消え去ってしまいました。

それは他の投資と違う不動産投資の独自性が大きな鍵を握っていました。

私が今まで株式投資やFXなどで資産運用をする時、財産の大半を失うような経験がありました。

なぜなら急激な経済状況の変化や急激な政治情勢の変化など、何が原因でストックマーケット(株式市場)や為替市場が動くのか全く予測がつかなかったのです。

しかも資産の目減りは一瞬で起こり、その回復には何ヶ月もかかるということが当たり前にありました。

しかし、この不動産投資はこれらの「危ない」投資に比べて不安を抱えることなく過ごすことができます。

実際に経験をしてみると「購入した資産=不動産」が急に目減りする事もなく、借り手が決まってからはローンを借主が支払い、しかも毎月定期的な収益も得られるのです。

株式などに比べて全くストレスフリーな投資に出会ったことに驚きました。

実は私を含めて、初心者の方が抱えていた不安というのはほとんどが「株式・先物取引・FX」などに当てはまる不安で、不動産投資では全く異なった世界だった事に気がつきました。

「これから投資を始める人に向けて」

私自身、新しい投資を行う前には常に「本当でこの計画に問題がないか」「私の計画に自分にとって無茶な部分=自分にとって継続不可能な部分」が無いかと常に自問自答してから投資を始めています。

これはたしかに「不安」な感情なのかもしれません。

しかし、私はこの「不安」は決して無駄な不安ではなく、計画を成功させるための必要な段階だと考えています。

不安を抱かない投資というのは決して安全確実な投資なのではなく、無謀な投資になりがちなのです。

不安な感情は決してネガティブな感情ではありません。新しい物事を始めるには必ず不安を経験する事で起こりうるトラブルを未然に防ぐ事ができます。

どうか、今みなさんが抱えている「不安」のために大きな夢の実現を諦めないように、一つ自分の心と向き合ってみてください。

踏み出す勇気はあなたの人生を変えてくれます。

関連記事

ページ上部へ戻る