記事の詳細

不動産投資で知っておきたい、民泊条例

民泊ビジネス

不動産投資に関わる人にとって新たな不動産投資コンテンツとして注目そして話題にあがるのが「民泊ビジネス」です。

皆さんもおそらくテレビやインターネットのニュースなどで民泊やairbnb(エアビーアンドビー)について耳にする機会が増えた思います。

現在不動産投資に関わっている人に関心が高いこのairbnbは、ホスト登録することで自身が保有する不動産の一部を宿泊用に貸し出すことができます。

また東京都の宿泊施設の不足を補う新たな宿泊施設として、2020年のオリンピックとパラリンピックに向けての活用が期待されています。

今回はこの民泊を取りまく最近話題の民泊条例と不動産投資について説明したいと思います。

民泊条例とは

実はこの民泊は今法律上の大きな問題点となっているのです。

本来誰かを泊めるための宿泊施設は旅館業法という法律の制約に基づいて規制がかけられてからです。

換気や照明・防湿設備、衛生環境について厳しい取り決めがあります。

特に、この旅館業法が対象としている法律の適用範囲が「料金を取って人を宿泊させる業務」と設定されているので、自宅や自分の持つ不動産を旅客に貸し出す事は民泊に該当できるのではないかと議論が行われているのです。

本来であれば旅館業やホテル業は都道府県知事の許可を受けたのちに営業が可能になる仕組みになっていて、個人の裁量で宿泊客を止めるというのは法的にかなり怪しい部分があります。

しかし、実は政府の思惑としては民泊を許可できるような政策をとり続けているのです。

2020年のオリンピックに向けて徐々にですが民泊を許可する政策が打ち出され、「国家戦略特別区域」という政府が今後の政策や経済発展において重要視している地域に限定して民泊を許可するような指針を示しているのです。

この政策に先駆けて一番最初に大阪府で民泊条例という民泊を管理するための条例が出来上がりました。

実はこの民泊条例の取り締まりという物の本質は「取り締まり」よりも、「一定のハードル」と捉える事ができる規制になっているのです。

ただ民泊条例のハードルは少し高いため、今後どれくらい簡単にクリアできるものになるか注目を集めています。

民泊と不動産投資

今後この民泊条例の拡大により多くの不動産投資の方向性が変化していくと言われています。

まず現在土地を持っている方であれば、不動産投資のためにマンションやアパートの建築を想定すると思います。

最近では低コストのアパートやマンションの建築が可能になっているので、比較的低予算でアパート建築が可能になりました。これらの種類の物件は民泊で貸し出しを始めると通常の賃貸物件に比べて非常に利益率が良いのです。

また、すでに不動産としてアパートやマンションを保有している人にとっても民泊を進めて貸し出しを行うと普段の3—4倍ほどの収益を獲得する事も華能になります。

もちろん不動産の環境整備や管理の頻度は増しますが、収益の増加率がかなり大きいのでその見返りは非常に捨てがたい物でしょう。

この民泊という仕組みは手軽に行う事ができますし、観光客からすると手軽にホテルよりも低予算で宿泊できる点が非常に大きなメリットとなるはずです。

しかし、この民泊を採用するにはいくつか注意点があるのです。

これから投資するときの注意点

民泊を始める時にはいくつか注意しなくてはいけません。

全国様々な自治体が民泊条例を定めているので、まず検討している物件が国家戦略特別区域内にあること、また宿泊期間が7−10日の範囲内であること、外国語の案内の要求などが主な民泊のために満たす事項になってきます。

このほかにも自治体によっては設備の基準や契約の形式の基準、近隣住民の許可の要請など様々な内容が必要になります。

これらの事項がしっかりと満たされていることを確認してから民泊を進めることが大切です。

多くの人にとって民泊は馴染みがない物だと思います。

しかし、今後さらに民泊が拡大し、当たり前に用いられる物に変化していくはずです。

不動産投資を行う皆さんも、しっかりと民泊に関しての知識をつけて活用していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る