記事の詳細

不動産投資と民泊の重要な関係

民泊ビジネス

不動産投資をされている方にとって、自分の土地や不動産をいかに運用するかというのはとても重要な問題です。

空き物件が増えてしまったり、思うように入居者が継続してくれない場合、非常に不安な日々が続くのではないでしょうか。

不動産投資家にとって不動産の活用方法は永遠のテーマといっても過言ありません。

今回はこの不動産の活用方法について、新たな不動産ビジネスモデルとして注目される「民泊」をテーマとして検証していきたいと思います。

民泊をご存知ですか?

最近になりニュースなどで「民泊」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

この「民泊」とは住居の一部を旅行者などに貸し出して短期の宿泊を可能にする宿泊の新しい形の事で、2020年のオリンピックに向けて「民泊」の活用が期待され始めています。

この「民泊」ですが、なぜこれ程拡大する事ができたかというと、airbnbという個人所有の居宅への宿泊を促進するためのウェブサイトの台頭が非常にその拡大に重要な役割を果たしていました。

旅行先でホテルに泊まるのもいいのですが、コンドミニアムのように自炊しながら仲間と一緒に旅をするというのが非常に好まれ、現在では世界中の年でairbnbが活用されています。

このairbnbは個人でも自分の物件を解放する事ができるため、個人の新しい収入源としても注目されているのです。しかしいくつか問題がある事も事実なのです。

民泊に関する条例

民泊は確かに非常に便利な仕組みなのですが、一部のマンションでトラブルが起きてしまっている事実があるのです。

日本人間で物件のレンタルを行うのであればおそらくそれほど大きな問題にはならないことでも、海外の旅行者が利用することで問題が顕在化してしまったのです。

海外の方がマンションなどで宿泊されたときに近隣の住民から数々のクレームが出てしまう自体に陥り、実は今民泊に関して政府のコントロールが行われるように地域住民からクレームが出てしまっているのです。

このような経緯を受けて現在政府は民泊の条例化を進めています。

民泊は旅館業とは異なっているので、実は法的な位置付けがややこしく、都道府県知事の許可を得ている旅館・ホテルなどのような施設との類似性が問題になっていて、その法的な位置付けを明確にする事が難しい問題なのです。

現在検討されている民泊に対する条例では、旅館業種程の規制を行わないまでも主に外国人を対象に、宿泊日数の制限を設けたり、外国語による適正な住居の利用、近隣居住者との生活上のトラブルの緩和などの条項を盛り込んだ条例が多くの地域で検討されています。

この民泊条例は特定の地域に限定された条例となっていて、特に不動産投資でも今後の展開が期待されている国家戦略特別区域という国の重要拠点となっている地域に限定されている事から今後の不動産投資での活用が期待されているのです。

不動産投資と民泊

先にお話をした通り、不動産投資にとって一番の不安の種になるのは借り手の不在です。

この間は収入が途絶えてしまい、十分なローンのコントロールができなくなってしまうばかりか、自分の使用可能な収益の大幅な減少を伴うものになってしまいます。

この問題を解決する新たな方法として民泊は非常に魅力的な活用手段と言えるのです。

現在多くの観光地では日本人ではなく外国人を見かける事に気づかれると思います。先日沖縄に物件を探しに行ったときにも多くの観光客があふれていて、日本人よりもどちらかというと中国人の姿を目にしました

この潮流は今後民泊が促進される中で、既存の家賃収入よりもより多額の収益を上げるための重要な手段となり得るものです。

たとえば、ひと月に家賃が7万円の物件があったと仮定して考えます。もし、一部屋に2人の観光客を5泊宿泊させると仮定して、一泊あたりに1万4000円、つまり一人当たり約7000円の料金で1ヶ月分の収益を確保できるという事になります。

これは不動産投資家にとってみればまたとないチャンスで、今後の投資先の決定に際しても非常に重要な選択肢になり得るでしょう。

このように幾つかのトラブルを抱えながらも動き出してきたairbnbを代表とした民泊は、今後の不動産投資の方向性を大きく変える原動力として期待されています。

今後の不動産活用のための新たな収益形態として検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る