記事の詳細

不動産投資の延長に。

不動産投資を行い、順調に物件・収益を増やした後、不動産ビジネスとして法人化する方も少なくありません。そして法人化する中の1つの選択肢に、不動産業を選ぶ方も多いのです。具体的には自己所有の不動産管理業務と同時に、物件の仕入業務を行いさらに物件数を増やしていくスキームです。

売り主から直接の物件を自分で仕入れすることで、仲介手数料がかからない上に市場価格よりも安価で仕入れることが可能になります。当然、業者間の取引もできるため、顧客として取引するよりも優位に取引を行うことが可能です。このように不動産投資事業を拡大する上で、不動産業に参入することにはメリットが多く考えられます。では、実際に不動産会社を運営するにはどうすればよいか考察していきましょう。

インターネット活用が必須

「不動産業」で集客する方法として実店舗でチラシなどを活用して集客する方法がありますが、ただ、経費に見合うほど集客に貢献できているかといったら、必ずしもそうとはいえないというのが実際のところだと思います。

インターネットやスマートフォンの普及により、お客さんのお部屋探しの在り方は確実に多様化しています。そのため、実店舗を利用して物件を探す方が減少し、インターネットショップでの物件の成約件数が確実に増加しているのです。

これから「不動産業」をはじめようという方が、お金をかけた実店舗を構えるというのはあまり賢明とはいえません。実際に、駅前の好立地に店舗を構えているために、賃料が負担となり潰れてしまったという不動産業者も少なくありません。

今から実店舗にお金をかけて「不動産業」をはじめるより、実店舗に費やす費用をインターネットでの集客手段に費やす方が、倍以上もの集客が見込めます。

不動産業の集客方法として、インターネットを活用することをおすすめするのは、コストがかからない集客方法だからというだけではありません。
不動産業というビジネスはインターネットでの集客に非常に適しているからこそ、おすすめしているのです。

ホームページを作成して理想の集客を実現する!!

不動産業にとって、これからの集客の中心となるのは、何といっても「インターネット」です。たとえば、自宅の事務所で開業しているにもかかわらず、インターネットの力を駆使して十分すぎる集客を実現している不動産業者が多く存在します。

もちろんインターネットで集客しようと思えば多少の知識は必要になりますが、勉強すれば誰でも身につけられるようなレベルのもので、決して難しいものではありません。

実際に、インターネットの知識がまったくない状態からはじめて、わずか3ヶ月ほどで、経営を続けていくのに十分な集客ができるようになった方もいます。方向性さえ間違えなければ、あなたが思う以上の集客を実現できるようになるはずです。

インターネットで集客を行うには、ホームページが必要となります。プロのホームページ作成業者に依頼して作成することもいいのですが、まずは、自分でホームページを作成してみるべきだと思います。

とゆうのも、業者に依頼する際には、依頼者側が主導権を握っていろいろな指示を出さなければなりませんが、最初からホームページの作成を業者に依頼すると、何もわからないので的確な指示を出すことができず、何もかも業者任せになってしまいます。

ホームページを作る際に大切なことは、「見た目ではなく内容」つまり、重要なのはコンテンツです。コンテンツが充実していることによって検索上位に表示することが可能となり上位に表示されるにつれて閲覧数が倍増していきます。

このことをSEO対策(Search Engine Optimization・検索エンジン最適化)といいますが、詳しいホームページ作成方法の詳細につきましては、専用の書籍やインターネットサイトなどを利用してください。簡単なホームページでしたら1ヶ月程度で作成できるようになります。

インターネットを活用して激安物件「不動産」を検索する!!

今や、不動産を探す場合には、パソコンは必需品となりました。ですが、ほとんどの不動産検索サイトは、場所や金額など細かな個所を指定しないと物件を検索できません。

さらに、収益物件の場合は、場所などを指定して購入すると高額になってしまう場合が多いのです。数ある不動産検索サイトの中でも、条件に合った物件を簡単に検索できる「不動産JAPAN」というサイトを活用することをお勧めします。

不動産JAPANでは、取り扱い物件数も多く都道府県など大まかな住所と、新築、中古や金額を指定するだけで、物件の詳細情報を見ることができます。いい物件があれば迷わずに電話などで抑えておくことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る