記事の詳細

不動産競売でマイホーム

賃貸ではなくマイホームを持って家族で楽しく生活する、これは誰もが持つ夢ではないでしょうか。

しかし問題になるのが今のお給料や購入資金などお金にまつわることです。

今の経済状況だと、残念ながらマイホームではなく賃貸しか選択肢がないとあきらめている方が多いのではないでしょうか?

何か良い方法はないのでしょうか。そうです、不動産競売物件を購入するという方法があるのです。

競売」と聞くと怖くて危ないどんないきさつがあったのかわからない怪しい物件、と言うダークなイメージがあるかもしれません。

もちろん昔は素人が手を出すにはリスクの多い物件などもたくさんありました。

たとえば落札者に対抗するために短期賃借権を設定して、立ち退き料の上乗せを持ちかけてくるなど法律に明るくないと対応が困難なケースも多々ありました。

しかし競売関連の法改正が平成16年4月に施行されてからは、ある程度安全に競売で物件を購入できるようになってきました。

そして正しい順序で適切に処理していけば、安心して物件を取得することができます。

この事実があまり知られていないので、まだまだダークなイメージがあるのかもしれません。

不動産競売とは?

まず「不動産競売」とはなんであるかを知っていきましょう。

簡単に言うと、裁判所を通して不動産物件に入札をして、落札できたら自分の所有になるということです。

ふつうは不動産会社を通して取引をしますが、競売の場合は裁判所を通すわけですね。

なぜ裁判所かというと、不動産を担保にして銀行からお金を借りた人が何らかの事情で返済をすることができなくなったとします。

その場合、担保になっていた不動産は差し押さえられます。

そして債権者である銀行から申し立てを受けた裁判所は、競売対象になっている不動産を少しでも高く買ってくれる人の所へ売ろうと競売を行うのです。

その落札額を債務の弁済に充て、債権者が手に入れるといった流れなのです。

不動産競売というのは、お金を貸す人と借りた人、裁判所、そして落札する人により不動産を流通させる仕組みと言えるかもしれません。

裁判所が不動産物件を調査して、その物件に関する情報を資料にしたものを一般に公開します。

そこには最低落札額といって入札する際の最低価格が表示されています。

また物件の室内の写真であったり、執行官による室内の状況をレポートしたものなどがあります。

ある程度の室内の状況などは、この資料から読み取ることは可能ですが、入札するをする方は現地に出向きマンションであれば清掃状況などの管理体制や周辺環境の調査をすることをお勧めします。

不動産競売代行業者

仮に落札できたとしても、競売物件を持っていた所有者と実際に立ち退きなどに関するやり取りをする自信がないという方も少なくないでしょう。

確かに、元所有者はしぶしぶ物件を手放す方も多いわけですから、その人と立ち退き交渉を進めていくのは気持ちのいいものではありません。

そこで活用すべきなのが競売での購入を助けてくれる専門家です。競売コンシェルジュとか競売不動産取扱主任者と呼ばれる人たちです。

このようなプロに任せて、物件を取得する方たちもたくさんおられます。 また不動産競売代行会社も数多くあります。

当然手数料はかかりますが、会社によっては事前相談・物件調査から入札サポート、落札後の物件の明け渡しまでワンストップで行う会社もあります。

不安な方はこういったサービスと活用してみては如何でしょうか?

一般的な相場をみると、不動産競売経由での不動産を取得した場合、3割程度安く購入することができることもあるのです。

ひとつの選択肢

不動産競売について簡単に説明してみましたが、どういった感想をおもちになりましたか?

一般の相場よりも物件を安く購入できる可能性があるわけですから、やり方によっては安心してマイホームを手に入れられるかもしれません。

このようにしてみてくると、マイホームを持つというのも夢のような話ではないと思いませんか。

マイホーム購入の選択肢として、不動産競売を活用するのも一つの方法として考えてみるのもいいかもしれません。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る