不動産競売

不動産競売

不動産競売でマイホームを取得する人も以前に比べると増加しているようです。

競売物件の検索のしやすさ、法改正による入札のしやすさ、競売代行業者の増加など不動産競売がより身近になったことが理由にあげられます。

競売で不動産を入手する場合と一般の不動産取引で入手する場合での物件購入までにかかるすべての経費を比較すると前者が後者よりも7割程度安くなると言われています。

当然、安くなるには理由があるのです。これは不動産競売のリスクにも関係があるのですが、競売物件には「瑕疵担保責任」がないことが大きな理由にあげられるのです。




敷居の低さ

では不動産競売に入札するにはどういった資格が必要で、どういった手順をふめばいいのか簡単に説明していきます。

まず入札できる資格については、特別な条件もなく競売物件そのものの債務者以外であれば原則入札することができます。また競売を談合・入札妨害などを行う人も除外されます。

ただし農地に関しては、市町村の農業委員会など発行する「買受適格証明書」をもっている人のみ入札資格が認められるため、一般の競売とはかなり条件は異なります。

農地の落札額は一般の土地よりも安いため、農地の入札を考える人もいます。

しかし農地に関しては入札条件が異なるため、一般の方が入札することは非常に困難です。

競売のポイント


一昔前であれば住宅ローンを競売物件に適用することは非常に困難でした。しかし最近では金融機関によっては住宅ローンを組める場合もあります。

入札保証金

入札保証金

原則、入札は誰でもできてしまうため制限無く入札されては競売の進行に問題を生じることが考えられます。

そのため入札を行うには「入札保証金」が必要となります。入札保証金は裁判所が設定する最低落札額の20%以上の金額を、入札をする前に裁判所に預けなくてはならないのです。

これにより冷やかしやなんとなくの入札は激減します。

無駄に落札額があがるのを防止することにもつながりますので、入札者にとっては実は悪い制度ではないのです。

落札のポイント

入札保証金は落札額と相殺さますが、落札をキャンセルする場合はこの入札保証金の全額は没収となってしまいます。

キャンセルを防止する効果もありますが、競売物件の場合内覧をできるのが落札後のため、物件中を確認して想像を上回る回収費用がかかるときは、入札保証金を諦めてでもキャンセルした方がいい場合もあります。

競売になる前に

このように競売で落札される価格は、一般流通価格と比較するとかなり低くなってしまうケースことが多くなります。

つまり少しでもあなたの不動産を高く売却するのであれば、競売になる前に何かしらの手を打たなくてはならないのです。(任意売却やリースバックと方法が考えられます。)

つまり競売は買う側からすれば不動産を安く入手できる手段で、物件を手放す側からすれば格安で不動産を失う可能性が高いものなのです。

住宅ローンの支払いに行き詰まった方は・・・

相談無料×24時間対応のお任せ任売ナビ任意売却までお気軽にお問合せ下さい。

不動産競売

  • 不動産競売のリスク

    相場よりも安い理由 競売物件の一番の魅力はその低価格でしょう。 一般取引きの不動産物件では無理でも、自分が考えている予算では到底手に入れることができないような地域の土地や建物を購入対象にすることができるのです。 その価格は一般的な相場の3割程度低くなっていますし、最低売却…

  • 不動産競売は市況と比較して本当に安いのか?

    本当に安いのか? 競売に関する法改正後は、マスコミなどによる不動産競売の紹介なども手伝い、競売により不動産物件を購入しようと考える方が増加しています。 実際に競売に参加する方たちも増えてきました。 今までは競売物件といえばダークなイメージがあり、いわくつきの物件が多いとい…

  • 不動産競売の入札を行うには

    不動産競売の入札 不動産を競売で購入したいと思っている・・・。競売に興味はある・・・。 こういった人も少なくはないでしょう。 では実際にどのような不動産物件が競売にだされていているのか? またどのように入札したらよいのか?などを解説していきます。 まずは競売の流れがどの…

  • 競売物件でも住宅ローンを利用できるのか?

    競売物件とローン 皆さんはマイホームを購入するとき、すべての費用を一括支払いで済ませてマイホームを購入しますか? できるものなら当然一括で支払いたいけども現実は・・・というのが一般的ではないでしょうか。 ローンを組まなくては購入できない現実は、一般的に流通している不動産を購…

  • 不動産競売でマイホーム購入を考える

    不動産競売でマイホーム 賃貸ではなくマイホームを持って家族で楽しく生活する、これは誰もが持つ夢ではないでしょうか。 しかし問題になるのが今のお給料や購入資金などお金にまつわることです。 今の経済状況だと、残念ながらマイホームではなく賃貸しか選択肢がないとあきらめている方が多…

ページ上部へ戻る