不動産競売

不動産競売

不動産競売でマイホームを取得する人も以前に比べると増加しているようです。

競売物件の検索のしやすさ、法改正による入札のしやすさ、競売代行業者の増加など不動産競売がより身近になったことが理由にあげられます。

競売で不動産を入手する場合と一般の不動産取引で入手する場合での物件購入までにかかるすべての経費を比較すると前者が後者よりも7割程度安くなると言われています。

当然、安くなるには理由があるのです。これは不動産競売のリスクにも関係があるのですが、競売物件には「瑕疵担保責任」がないことが大きな理由にあげられるのです。




敷居の低さ

では不動産競売に入札するにはどういった資格が必要で、どういった手順をふめばいいのか簡単に説明していきます。

まず入札できる資格については、特別な条件もなく競売物件そのものの債務者以外であれば原則入札することができます。また競売を談合・入札妨害などを行う人も除外されます。

ただし農地に関しては、市町村の農業委員会など発行する「買受適格証明書」をもっている人のみ入札資格が認められるため、一般の競売とはかなり条件は異なります。

農地の落札額は一般の土地よりも安いため、農地の入札を考える人もいます。

しかし農地に関しては入札条件が異なるため、一般の方が入札することは非常に困難です。

競売のポイント


一昔前であれば住宅ローンを競売物件に適用することは非常に困難でした。しかし最近では金融機関によっては住宅ローンを組める場合もあります。

入札保証金

入札保証金

原則、入札は誰でもできてしまうため制限無く入札されては競売の進行に問題を生じることが考えられます。

そのため入札を行うには「入札保証金」が必要となります。入札保証金は裁判所が設定する最低落札額の20%以上の金額を、入札をする前に裁判所に預けなくてはならないのです。

これにより冷やかしやなんとなくの入札は激減します。

無駄に落札額があがるのを防止することにもつながりますので、入札者にとっては実は悪い制度ではないのです。

落札のポイント

入札保証金は落札額と相殺さますが、落札をキャンセルする場合はこの入札保証金の全額は没収となってしまいます。

キャンセルを防止する効果もありますが、競売物件の場合内覧をできるのが落札後のため、物件中を確認して想像を上回る回収費用がかかるときは、入札保証金を諦めてでもキャンセルした方がいい場合もあります。

競売になる前に

このように競売で落札される価格は、一般流通価格と比較するとかなり低くなってしまうケースことが多くなります。

つまり少しでもあなたの不動産を高く売却するのであれば、競売になる前に何かしらの手を打たなくてはならないのです。(任意売却やリースバックと方法が考えられます。)

つまり競売は買う側からすれば不動産を安く入手できる手段で、物件を手放す側からすれば格安で不動産を失う可能性が高いものなのです。

住宅ローンの支払いに行き詰まった方は・・・

相談無料×24時間対応のお任せ任売ナビ任意売却までお気軽にお問合せ下さい。

不動産競売

  • 競売のお金の払い方。

    不動産競売 何の知識もなく不動産競売を利用して物件を購入することは、大変リスクが高いと言わざるをえません。 だからと言って不動産競売という本当に安く物件を入手できる手法を諦める必要はありません。しっかりと競売の仕組・メリット・デメリットへの対処法を把握しながら利用することで、…

  • 不動産競売の「瑕疵担保責任がない」デメリット

    瑕疵担保責任がない 不動産競売で購入した不動産は万が一に欠陥があっても瑕疵担保責任を追求する事ができず、この点もまた競売を利用する上での大きなデメリットとしてあげられます。瑕疵(かし)とは、不動産を購入するにあたり一般的に備わっているはずの機能に問題があり、品質や性能が…

  • 不動産競売の「占有者がでていかない場合」のデメリット

    占有者がでていかない場合 不動産競売のデメリットとして特に厄介なのは、不動産の占有者がでていかない場合についてです。裁判所の競売では不動産を落札し必要な費用を納付することで、その不動産競売物件の所有権を得ることができます。 所有権は物を支配し自由に使用することができる…

  • 不動産競売の「落札できない場合」のデメリットは?

    落札できないデメリット 不動産競売は通常の不動産売買と大きく異なり、落札できない場合もあることがデメリットの一つとしてあげられます。不動産競売は、不動産屋に訪れて物件を購入するのとは大きく異なり、裁判所による競売を経て売却先が決定します。 物件は入札方式により落札者が…

  • 不動産競売の「物件調査の時間が短い」ことはデメリット?

    十分な事前調査は困難 不動産競売で入札を行う際のデメリットとして、物件調査の時間が短い事が大きなマイナス点としてあげられます。不動産の購入は大きな出費を伴いますので、購入しようと考えた場合は失敗が無いようその物件について事前に細かな調査を行います。 しかし不動産競売で…

  • 不動産競売の「内覧ができない」デメリット

    内覧ができない 裁判所の不動産競売では内覧ができないことがデメリットとしてあげられます。まず内覧とは購入する不動産に対して、契約を行なう以前に物件に訪れて物件内部を見ることができるもので、紙の資料だけでは見ることができない設備の状況や日当たり状況から周りの騒音なども含め…

  • 不動産競売で家を失っても借金は残る?

    債務額と落札額 お持ちの物件が不動産競売により売却されると、それまで抱えていた債務と相殺されて借金は無くなるのですが、ケースによっては家を失った上に借金も残ることがあります。競売は返済されない債務に対して裁判所が管理する中で不動産を強制的に売却し、そこで得られた売却代金…

  • 不動産競売を取り下げてもらうには?

    不動産競売申立の取下 裁判所が不動産競売を決定した場合に、その決定を回避し取り下げてもらうためには現状がどのような段階であるかにより対応は様々変わります。 それでは段階ごとにみていきましょう。まず初期段階での不動産競売を取り下げてもらう場合についてみていきましょう。 …

  • 不動産競売の落札後の注意点「動産やゴミの処分」

    動産やゴミの処分 不動産競売の落札後の注意点として、動産やゴミの処分などについて気をつけなければなりません。 不動産競売は裁判所が売却する手続きで、周囲の土地より安く購入できるなどお得なメリットがあるのですが、その一方で競売自体は非常に閉鎖的で限られた情報の中で購入するか判断…

  • 競売物件を検索する方法

    情報の重要性競売は一般の人であればほぼ誰でも入札することができます。 重要なのは事前の準備をどれだけしているかで、しっかり準備を行うことがよい物件を落札(購入)できることにつながるのです。 それぞれの競売物件は一般に流通している物件よりも、一つ一つの状況が違ってきます…

ページ上部へ戻る