不動産を購入する

不動産購入

不動産取引をするときは安心・安全に、そして自分が理想とする物件を手に入れたいものです。

このような取引を実現するのはそう難しいことではありません。

しっかりと不動産の取引に関する知識を身につけることで、リスクの少ない不動産取引をすることができます。

このページでは不動産を購入するまでに必要な情報を順序だてて整理して配信していきます。

不動産を購入するときの参考にしていただければ幸いです。

不動産取引の流れ

まずは不動産を購入するにあたり、大まかな流れを理解していきましょう。

まずどういった不動産物件を購入したいのかを、将来設計・資金計画を立てながら決定します。

独身の方であれば、「結婚してからも住み続けるのか?」

結婚している方なら「こどもは何人を予定しているのか?」

老後のために購入する方であれば「バリアフリーなど介護設備は必要か?」

などご自分のライフプランにあった家選びが重要になります。

下記に不動産の購入までの大まかな流れをまとめましたので、まずは全体のイメージを理解しておきましょう。




不動産購入の流れ

  1. 地域・建物種別・間取り・入居時期など決定。資金計画もあわせてスタート。
  2. インターネット・不動産会社などから物件情報収集。
  3. 気に入った物件があれば不動産会社に依頼して内覧を実施。
  4. ある程度物件が決まってきたら、住宅ローンを選定・審査申込。
  5. 不動産物件に申込・契約。
  6. 住宅ローンを正式に契約。
  7. 不動産の引渡し。

不動産購入を成功させるポイント

購入のポイント

なんといっても不動産を調査することが重要です。

とにかく時間があれば現地に足を運び、現地調査を行いましょう。

居住されている不動産の場合は頻繁な内覧は難しい場合もありますので、周辺環境など物件以外にもチェックすべきポイントは多数ありますので、特にかく調査が重要です。

内覧をしっかり行うことは物件の良し悪しをチェックするだけではなく、購入するかの判断にもつながります。

しっかりとポイントを抑えて現地見学に望みましょう。

現地を見学して気になったことがことがあれば、しっかりと売主に確認して下さい。仮にドアが壊れているなど現地でしかわからないようなこともありますので、しっかりと確認することが必要です。

特に現況優先での取引の場合は、不具合を見落としてしまうと後々大きな後悔につながりますので、注意が必要です。




不動産購入

  • 不動産購入編~物件以外にチェックすべきポイント~

    調査は日時を変えて 不動産を購入するときに大切なのはマイホームの住み心地だけではありません。周りの環境なども暮らしをしていく上でとても大切なことです。では不動産を購入するときに物件以外にどのようなポイントをチェックしたら良いのかみていきましょう。まずチェックしたいのが、…

  • 不動産購入編~現地見学のポイント~

    現地見学のポイント 不動産を購入する時に現地に行って物件を見学しますが、どのようなポイントをおさえながら見学することが成功につながるのでしょうか? その不動産物件が新築物件なのか、中古物件なのかでチェックするポイントは変わってきますので、それぞれの物件タイプに分けて幾つかのポ…

  • 不動産購入時の下調べにやりすぎはない

    とにかく下調べ 不動産を購入するときに下調べをすることは必要です。転勤などの理由で引っ越しをする日が決まっていて、新居をすぐに見つけなければいけないとしても、下調べはとても大切です。内覧会に行って、営業担当の方が人気物件なので予約が殺到していると言って焦らせても、決して焦っては…

ページ上部へ戻る