記事の詳細

埼玉県の土地売却価格の過去5年間の動向を見てみましょう。

埼玉県の土地の売却価格は、上がったり下がったりを繰り返しながら横ばい状態となっています。

物価は少しずつ上がってきていますが、過去三年の取引件数が減少傾向になっていますので、その影響で価格が大きく上がるわけでもなく横ばいとなっているようです。

土地売却価格の動向

埼玉不動産価格

直近1年の成約単価と成約件数は前年度に比べて下落傾向となっており、2014年に上昇した分を打ち消すような形となっています。2016年の年明け以降の展開を注意してみていく必要があります。

過去五年間の一平方メートル当たりの平均取引単価を見てみますと、2010年が11.6万円でしたが、2013年まで下がり続け、一番低い取引単価で10.6万円あたりまで下がりました。

しかし翌年から少しずつ回復し始め、今年は10.7万円にまで回復してきています。これは安心できるほどの上昇率ではなく、まだ予断を許さない微増と言えるでしょう。

2015年の埼玉県の土地の平均取引価格は2159万円です。平均延床面積は200平方メートルとなっています。

今後の動向

埼玉不動産

東日本大震災が発生するまでは、税制面や金融面での住宅取得支援政策を支えに、土地取り引きは順調に推移していました。

しかし、震災の後、当然の事ながら土地取引量が減り、地価も下がり始めました。 特に、福島第一原子力発電所事故によって放射能線量が高い埼玉県の地域では、周りの土地よりも価格の落ちる率は高くなっています。

もちろん最近では、この震災による混乱は収まりましたが、依然として、少子高齢化や人口減少などの影響を受け、大きな価格の上昇を描けないでいます。

しかし、埼玉県内の人口が増えている県南エリアでは、地価の価格は比較的安定しています。

当然の事ながら埼玉県の中でも、都心に近い位置に需要が多くあり、郊外よりも駅の近くに需要がある傾向が顕著に見られます。

2010年以降の東京都の土地売却価格の動向からどんな点を読み取れるでしょうか。

首都圏の公示地価の推移を見ていきますと、2013年には坪単価が158万円まで落ちましたが、それ以降は2014年に166.9万円、2015年には171.4万円と順調に上がってきています。

土地売却価格の動向

土地価格

長らく2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災の影響で下がり続けていた土地価格ですがやっと回復に力が見られてきました。

もともと東京の都心部の土地はかなりの資産価値を持っており、地価が下がっている時には、後々に再び価格が上がっていくことを見越して買いが先行する傾向があります。

そして価格が再び上昇すれば、これ以上高くならないうちに買わなければという気持ちからより需要が発生していきます。

東京の土地は汎用性がいつでも高いので、どちらに転んでもある程度は売れていくのです。

アベノミクスの影響

東京地価

そのような中、2014年にアベノミクスによって景気が回復していくことへの楽観的な予想が後押しし価格はさらに上昇傾向になっています。

今年も地価の上がり幅が大きいことから、他の関東圏の神奈川、埼玉、千葉とは異質な存在であることが浮き彫りになりました。

また公示地価だけではなくて、実勢価格も東京23区では上昇しています。

この実勢価格が公示地価を上回っており、上昇していくタイミングも公示地価よりも先であるという非常に積極的な市場の様子が垣間見えます。

この理由は、23区の土地が利便性と利用価値の高さなどから、景気の動向に関係なく需要がかなり旺盛であることの現れです。

地価の伸び率

地価動向

東京の中でとりわけ地価の伸び率が高いのはどこでしょうか?

例えば2015年の10月地点での高度利用地地価動向報告データを見ると、住宅地では千代田区、商業地では銀座中央や虎ノ門、また表参道が、前回の記録よりも3から6%の伸び率を示しています。

東京の主要都市と高度利用地区として選ばれている100地区の中で前回のデータから上昇したのが87地区で横ばいが13地区となっており、下落した地区は0となっています。

これらの統計を見ても今の東京の都心部が地価の上昇を牽引していることがわかります。

この上昇の背景には中国を始め、シンガポールや台湾のアジア系の投資家がこぞって東京の土地を買っている状況があります。

さらに晴海と銀座を結ぶ環状2号線や品川と田町間でのJR山手線の新しい駅が開業したことも好材料です。

新しい駅の周りではさらなる大規模な再開発が計画されていますし、日本橋や銀座では古くなった商業施設のリニューアルなどの再開発が実際に行われています。これからも地価は上がり続けそうです。

今後はさらに消費税が10%に増税されます。

土地の取引自体に消費税はかかりませんが、不動産に付随する取引には消費税がかかります。

増税前の駆け込み需要で少しくらいの高値でも増税前に買ってしまおうとする購買者が増えてきます。

もし土地を少しでも高く売却したいと考えておられるなら、この増税時期を一つの基準と考えることができるかもしれません。

また「東京都の人口推移」「東京都の不動産価格の動向」「東京都のマンション売却価格の動向」もあわせて参照下さい。

都市ごとのの動向

埼玉不動産価格

例えば、さいたま市の住宅地は、中央区から南部にかけて土地需要が少しずつ上昇しており、地価の下落率は縮小しています。

しかし、北部では都心への通勤距離がどうしても長くなってしまうことから、下落率が拡大しています。

興味深いのはちょうど都心と北部の中間に位置する大宮区や岩槻区では立地に対して土地の価格が安いことから、購入希望者にとっては割安感があり人気を保っています。

さらに熊谷市の高崎線各駅を中心とする市街地も人気があったり、京浜東北線各駅の徒歩圏内でも土地が安定して売れています。

また所沢駅周辺でもまだまだ需要が見られていたりと、駅の周りの土地需要がはっきりと見られているのが埼玉県の特徴と言えるでしょう。

今後も大きく土地売却価格は上昇することはないと考えられますので、ある程度相場に近い価格での購入を希望する買い主に出会えるかどうかが売却のポイントとなってきそうです。

また「埼玉県の人口推移」「埼玉県の不動産価格の動向」「埼玉県のマンション価格の動向」もあわせて参照下さい。

2010年以降の東京都の土地売却価格の動向からどんな点を読み取れるでしょうか。

首都圏の公示地価の推移を見ていきますと、2013年には坪単価が158万円まで落ちましたが、それ以降は2014年に166.9万円、2015年には171.4万円と順調に上がってきています。

土地売却価格の動向

土地価格

長らく2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災の影響で下がり続けていた土地価格ですがやっと回復に力が見られてきました。

もともと東京の都心部の土地はかなりの資産価値を持っており、地価が下がっている時には、後々に再び価格が上がっていくことを見越して買いが先行する傾向があります。

そして価格が再び上昇すれば、これ以上高くならないうちに買わなければという気持ちからより需要が発生していきます。

東京の土地は汎用性がいつでも高いので、どちらに転んでもある程度は売れていくのです。

2010年以降の東京都の土地売却価格の動向からどんな点を読み取れるでしょうか。

首都圏の公示地価の推移を見ていきますと、2013年には坪単価が158万円まで落ちましたが、それ以降は2014年に166.9万円、2015年には171.4万円と順調に上がってきています。

土地売却価格の動向

土地価格

長らく2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災の影響で下がり続けていた土地価格ですがやっと回復に力が見られてきました。

もともと東京の都心部の土地はかなりの資産価値を持っており、地価が下がっている時には、後々に再び価格が上がっていくことを見越して買いが先行する傾向があります。

そして価格が再び上昇すれば、これ以上高くならないうちに買わなければという気持ちからより需要が発生していきます。

東京の土地は汎用性がいつでも高いので、どちらに転んでもある程度は売れていくのです。

アベノミクスの影響

東京地価

そのような中、2014年にアベノミクスによって景気が回復していくことへの楽観的な予想が後押しし価格はさらに上昇傾向になっています。

今年も地価の上がり幅が大きいことから、他の関東圏の神奈川、埼玉、千葉とは異質な存在であることが浮き彫りになりました。

また公示地価だけではなくて、実勢価格も東京23区では上昇しています。

この実勢価格が公示地価を上回っており、上昇していくタイミングも公示地価よりも先であるという非常に積極的な市場の様子が垣間見えます。

この理由は、23区の土地が利便性と利用価値の高さなどから、景気の動向に関係なく需要がかなり旺盛であることの現れです。

地価の伸び率

地価動向

東京の中でとりわけ地価の伸び率が高いのはどこでしょうか?

例えば2015年の10月地点での高度利用地地価動向報告データを見ると、住宅地では千代田区、商業地では銀座中央や虎ノ門、また表参道が、前回の記録よりも3から6%の伸び率を示しています。

東京の主要都市と高度利用地区として選ばれている100地区の中で前回のデータから上昇したのが87地区で横ばいが13地区となっており、下落した地区は0となっています。

これらの統計を見ても今の東京の都心部が地価の上昇を牽引していることがわかります。

この上昇の背景には中国を始め、シンガポールや台湾のアジア系の投資家がこぞって東京の土地を買っている状況があります。

さらに晴海と銀座を結ぶ環状2号線や品川と田町間でのJR山手線の新しい駅が開業したことも好材料です。

新しい駅の周りではさらなる大規模な再開発が計画されていますし、日本橋や銀座では古くなった商業施設のリニューアルなどの再開発が実際に行われています。これからも地価は上がり続けそうです。

今後はさらに消費税が10%に増税されます。

土地の取引自体に消費税はかかりませんが、不動産に付随する取引には消費税がかかります。

増税前の駆け込み需要で少しくらいの高値でも増税前に買ってしまおうとする購買者が増えてきます。

もし土地を少しでも高く売却したいと考えておられるなら、この増税時期を一つの基準と考えることができるかもしれません。

また「東京都の人口推移」「東京都の不動産価格の動向」「東京都のマンション売却価格の動向」もあわせて参照下さい。

アベノミクスの影響

東京地価

そのような中、2014年にアベノミクスによって景気が回復していくことへの楽観的な予想が後押しし価格はさらに上昇傾向になっています。

今年も地価の上がり幅が大きいことから、他の関東圏の神奈川、埼玉、千葉とは異質な存在であることが浮き彫りになりました。

また公示地価だけではなくて、実勢価格も東京23区では上昇しています。

この実勢価格が公示地価を上回っており、上昇していくタイミングも公示地価よりも先であるという非常に積極的な市場の様子が垣間見えます。

この理由は、23区の土地が利便性と利用価値の高さなどから、景気の動向に関係なく需要がかなり旺盛であることの現れです。

地価の伸び率

地価動向

東京の中でとりわけ地価の伸び率が高いのはどこでしょうか?

例えば2015年の10月地点での高度利用地地価動向報告データを見ると、住宅地では千代田区、商業地では銀座中央や虎ノ門、また表参道が、前回の記録よりも3から6%の伸び率を示しています。

東京の主要都市と高度利用地区として選ばれている100地区の中で前回のデータから上昇したのが87地区で横ばいが13地区となっており、下落した地区は0となっています。

これらの統計を見ても今の東京の都心部が地価の上昇を牽引していることがわかります。

この上昇の背景には中国を始め、シンガポールや台湾のアジア系の投資家がこぞって東京の土地を買っている状況があります。

さらに晴海と銀座を結ぶ環状2号線や品川と田町間でのJR山手線の新しい駅が開業したことも好材料です。

新しい駅の周りではさらなる大規模な再開発が計画されていますし、日本橋や銀座では古くなった商業施設のリニューアルなどの再開発が実際に行われています。これからも地価は上がり続けそうです。

今後はさらに消費税が10%に増税されます。

土地の取引自体に消費税はかかりませんが、不動産に付随する取引には消費税がかかります。

増税前の駆け込み需要で少しくらいの高値でも増税前に買ってしまおうとする購買者が増えてきます。

もし土地を少しでも高く売却したいと考えておられるなら、この増税時期を一つの基準と考えることができるかもしれません。

また「東京都の人口推移」「東京都の不動産価格の動向」「東京都のマンション売却価格の動向」もあわせて参照下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る