記事の詳細

神奈川県の特色

神奈川県は人口が全国第2位の住みやすく、人気がある県です。面積が全国43位でありながらも人口が2位とはかなり人気があることがわかります。

また神奈川県は夏と冬の気温差が小さくて年間を通しても温暖な気候です。

異国情緒あふれる横浜などもあり、1年を通して観光客でにぎわっている場所です。

いろいろな国の外国人が住んでいますので、おのずと外国人観光客も増えてきています。そのため卸小売業や飲食業が盛んであり、経済的にも常に動きのある地域です。

結果として神奈川県は全国でもずっと上位の人口を維持できているのです。そのため、マンションなどの不動産売却価格は緩やかに上昇を続けています。

では神奈川県のここ5年の人口推移は増加傾向にあるのでしょうか。

人口増減の推移

人口の増減の推移をみていくと平成23年に、神奈川県の人口統計調査以来、増加数が初めて1万人を割り込む9,229人となりました。

しかし、平成24年からは再び1万人台を回復し、平成26年には16,507人の増加となりました。

人口の増減率は、昭和48年までは3パーセントを超える高い伸び率を見せていましたが、その後は減少傾向となっており、平成23年以降は0.1パーセント台の低い伸び率が続いています。

神奈川県の最近の人口推移の現状をより理解するために、人口増加の内訳をみてみましょう。

まず自然増減です。これは出生者数から死亡者数を差し引いた数です。

平成26年中の自然増減は285人の減少でした。出生者数が74,459人だったのですが、死亡者数は74,744人となっていました。

死亡者数が出生者数を上回ったのは昭和33年の調査開始以来から初めてのことです。ここに高齢者が増えてきており、少子化が進んでいる傾向を見て取ることができます。

一方、社会増減はどうでしょうか。これは神奈川県への転入者数から転出者数を差し引いた数です。

昨年の社会増減は、16,792人で昨年よりも7,597人増加しました。

この社会増減による人口増加は今後もしばらく続くと考えられています。神奈川県全体の人口増加は平成31位年ごろまで続くと予想されています。

さらに川崎や横浜などの人気のある地域では、平成37年まで増加していくであろうと考えられています。

そのような中で、自然増減の理由である少子化に取り組むためにも県では対策を考えています。

母親が子育てをしながら働けるように、保育サービスを充実させたり、父親も育児に積極的に参加できるように企業での労働環境を整備したりしています。

過去5年に見られている人口増加が今後ももうしばらく見られそうです。

ここ数年の土地の取引件数も200件~800件ほど上昇していたり、横浜市や川崎市を中心にマンションと一戸建ての取引件数も増えています。

今後も神奈川県は安定して人口が増加するため、不動産の需要はまだまだ可能性のある地域といえるでしょう。

また「神奈川県の不動産価格の動向」「神奈川県のマンション価格の動向」「神奈川県の土地価格の動向」もあわせて参照下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る