空き家スイッチについて

「空き家スイッチ」では、不動産の有効活用方法、不動産の資産価値を高めるメソッド、不動産の収益率を高めるスキームなど不動産に関するあらゆる情報を配信していきます。 不動産業界の動向、現在の社会・経済情勢、法改正などを分析して、不動産を運用したい方・不動産を売却したい方・不動産を購入したい方すべての方に必要な情報を提供します。特に「空き家スイッチ」では、昨今社会問題とされている「空き家問題」、新たな不動産収益モデルとして注目されている「airbnb(エアービーアンドビー)」に焦点をあてて、お客様にとって有益な不動産ビジネスのご提案をします。まず「空き家問題」については、最近まで建物のある土地は固定資産税が優遇されていましたが、平成27年5月26日施行の「空き家対策特別措置法」により固定資産税の免税措置が対象外となります。今まで小規模住宅用地は1/6減免、一般住宅用地は1/3減免されていたものが、免税措置が対象外となり小規模住宅用地では6倍、一般住宅用地では3倍の固定資産税が課税されることになります。今後も何の対策も講じずに、建物を残すことで固定資産税の免税措置を受けれなくなった不動産を放置する事がいかに無駄な出費を生みだし、資産価値を目減りさせるかを想像するのは容易です。また空き家問題は地方に限った事ではなく、高齢化などにより首都圏でも空き家問題は発生しています。ただし、首都圏の空き家は買取ニーズも高く、また高い収益をあげるポテンシャルもあり、所有者の方にとっては多くのチャンスと多くの選択肢があると言えるのです。 情報を得る事で、知識を蓄積し、蓄積した知識であらたな情報を解析する事で、いままでとは違った見解が生み出され、それが思いもよらぬ利益を産出する可能性を飛躍的にアップさせることにつながりるのです。次に「エアビーアンドビー(airbnb)」についてですが、簡単に説明すると「airbnb(エアービーアンドビー)」は2008年にアメリカで開始されたサービスで、日本では2013年頃から注目されはじめたサービスです。自分の不動産(家・部屋など)を有料で貸し出すサービスです。 主に海外からの旅行者やホテルの宿泊が確保できない場合などは国内の旅行者などに自分の部屋を貸し出し、対価として費用を頂くわけです。「airbnb(エアービーアンドビー)」による不動産の運用は状況によっては、一般の賃貸で運用するよりも非常に高い収益を生む可能性があるのです。しかし「airbnb(エアービーアンドビー)」による不動産運用にはメリットだけではなく、当然デメリットも存在します。 「空き家スイッチ」では、「airbnb(エアービーアンドビー)」を活用する不動産運用についてメリット、デメリットを含めた掘り下げた提案をしていきます。 「空き家対策」と「airbnb(エアービーアンドビー)」の活用を絡めたコンテンツも用意していますので、興味ある方は参照下さい。
ページ上部へ戻る