記事の詳細

住宅ローンの種類

マイホームを購入する場合、ほとんどの方が住宅ローンを利用しますが、その住宅ローンにも種類がいろいろあり、それぞれのメリットデメリットがあります。

そして住宅ローンを大きく3つに分けると、民間が融資を行う民間住宅ローンや半官半民住宅ローン、さらに公的ローンがあります。

この中で一番身近なのが民間住宅ローンとなります。

これは銀行(都市・信託・地方)、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA(農協)など民間企業による住宅ローンとなります。

最近ではネットバンクなどでも取り扱っています。

この住宅ローンも各金融機関によりさまざまな特色があります。原則的は年齢・勤続年数・収入の条件をクリアしていれば融資は可能です。

審査の基準は異なる?

しかし大手銀行や地方銀行の場合、自営業や中小企業の経営者の審査がとても厳しく、過去3年間の収入のうち一番低い収入を判断基準にあるため3年間はしっかりと年収を確保する必要があります。

最近はネット銀行が台頭しており、全国規模で住宅ローンを展開しており、メールのやり取りなどで手続きや連絡が進行していくので、とても便利だと評判になっています。

特徴は優遇金利面や手数料が安いので魅力的なのですが、ネットとはいえ銀行ですのでやはり自営業や中小企業の経営者には、審査が厳しくなっています。

た書類作成などは自分自身でしなければならず、作業が大変だという指摘があります。

労働金庫でも労組員が対象の住宅ローンがあり、自営業者でも個人会員になれば借り入れする事が出来ます。

信用金庫や信用組合でも住宅ローンを組んでいて、中には有利なローンを発見できる場合もあると言われています。

さらに信託銀行、農協、生命保険会社もローンを組むことが出来ます。

フラット35って?

次には半官半民のローンで、「フラット35」という住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によるローンで、銀行や信用金庫、労働金庫などが窓口となっています。

金利は各金融機関で決められていて、返済期間、融資率、借入手数料によっても違いがあり、金利の幅が1%台前半から2%台の幅が出てきます。

最長35年の長期固定金利の住宅ローンが特徴で、職業による判別はなく前年度の年収で、融資を検討してくれます。最も利用しやすいのですが、金利が高めに設定されています。

公的ローンには財形住宅融資と地方自治体が行う融資があり、企業が福利厚生の一環として財形貯蓄制度を利用している場合があり、一般財形貯蓄、住宅財形貯蓄、年金財形貯蓄のいずれかを1年以上行っていて、残高が50万円以上ある人が利用できるローンで、5年間固定金利で元金均等返済を選択できるのが特徴になっています。

地方自治体の場合、独自の融資制度があり地元の自治体ごとに特色があります。

住宅ローンを選ぶポイントは返済期間と利子(固定金利・変動金利)であり、自分の職業や年収でローンを組むのが可能かどうかを知ることが大切で、各種のローンの特徴を知ることがポイントになります。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る