記事の詳細

フラット35とは

住宅ローンフラット35を選ぶ理由の一番は、全期間固定の金利で、今後の生活設計が立てやすいという点にあります。

フラット35は半官半民の融資で民間金融機関と住宅金融支援機構が提携しています。

このローンの特徴は、最長35年の長期固定金利住宅ローンという事であり、融資を受けた時点で借入金利と返済額が確定します。

さらに一般で借りる住宅ローンには保証料が必要ですがフラット35の場合必要ではなく、保証人も要りません。

融資条件

しかし、フラット35の融資を受けるためには条件があり、年収が400万円以下の人は、借入額が年収の30パーセント以下、年収が400万円以上の人は借入額が35パーセント以下である事が条件になります。

またフラット35で融資を受ける場合、その購入する物件が住宅金融支援機構が定めている技術基準に適合した住宅というのが条件で、住宅の床面積が一戸建て住宅の場合70平米以上マンションなどは30平米以上となっています。

フラット35の場合、窓口がたくさんあるのも魅力で、金利は返済期間、融資率、借入手数料によっても違いがありますので、各金融機関で調べてみるのも賢明な方法です。

フラット35を選択する理由の中に職業を選ばないというのがあります。

年収が高く、大企業の社員の人や公的機関に勤めている人などは、さまざまな融資を選択でき、銀行なども話しに乗ってくれる場合が多くあります。

しかし、自営業や中小企業の方など銀行の審査基準が高くなってしまう人の場合、選択の幅は狭まってきます。

そういった人たちにとって、前年度の収入額だけで審査をしてくれるフラット35は、とても助かる存在なのです。

メリット・デメリットを比較

固定金利変動金利の場合、どちらが得かという問題はさまざまな意見があり、メリット・デメリットについて議論されています。

また銀行のローンなどは固定金利と変動金利を組み合わせたローンもあります。

固定金利の場合、家計の中で返済額が決まっているとため資金計画に安心感をもたせることができます。

将来子どもにかかる教育費なども資金計画の中に組み込みやすく、実感の金利の高さよりも日常生活における計画的に返済できることに魅力を強く感じている方も多くいます。

またまた金利変動型は将来の返済額が不明瞭のため、財力に余力のある人は特に問題は無いのでしょうが、一般家庭の場合大きな変化について行けないという不安があるようです。

ただし金利が安く設定されているというメリットもありますので、一概にデメリットだけで判断することはできません。

このように、フラット35を選ぶ理由は、融資先の門戸が広く、生活設計がやりやすい金利固定型で長期返済が可能ということがあげられるのです。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る