記事の詳細

一括返済するときの注意点

住宅ローンはとても長い期間続くものなので、住んでいるうちに不便さを感じることもあり、ローン返済中に売却を考える方も多いようです。

ローン返済中の不動産を売却するときは、その時点でのローン残額をすべて一括返済する必要があるため注意が必要です。

まずは「そもそもローンが残っているのに家を売れるのか」という疑問があるかもしれませんが、これは可能です。

冒頭にて示した通り一括返済することが条件となりますが、これはそう簡単ではありません。

なぜなら、住んでいるうちに不動産の価値は下がり続けるためで、住宅の売却額がローン残額を下回ってしまうケースが多いのです。

そのためローン残額のある住宅を売る場合は、家の売却代金に不足分を足した上で、一括返済する必要があります。

不足分は数十万円から数百万円など状況によりまちまちですが、そんな大金を突然用立てることは大変むずかしいことです。

家の価値を正しく知った上で可能な限り高く売却することがカギとなるので、有利な条件を提示してくれる不動産会社を探すことが重要です。

一括査定サイト

不動産の売却には、不動産専用の一括査定サイトなどを利用すると便利です。

インターネットから売りたい家に関する情報を入力するだけで複数の不動産会社へと情報が送られ、興味を持った所から複数の回答を得ることができるので、家のおおまかな価値を知ることも可能です。

その時点でローン残額を上回る価値が出たならば、売却益を次の住宅への頭金に割り当てることも可能なので、より理想の家を探しやすくなります。

フリーの銀行ローン

不足分が出てしまいとても支払えないという事であれば、身内から用立てたり、投資に回していた資金を回収することで割り当てましょう。

次に利用する住宅ローンを、少し多めに借りることで支払いへと割り当てることもできます。

数十万円程度で返済が難しくない場合は、フリーの銀行ローンなどから借りるのも一つの方法です。

任意売却

そもそも売却しなければならない理由が「住宅ローンの支払いができず、売るにしてもローン一括返済はできない」場合には「任意売却」という方法があります。

ローンの支払い滞納が契約上で決められた期間を超えると、ローン契約違反となりますが、この時に任意売却を申し出ると、金融機関からも合意を得ることが可能になります。

住宅は競売にかけられることになりますが、こちらでの手続き不要で進めてくれるので楽な方法ともいえます。

任意売却ならば返済分を後回しにして支払うことが可能であり、売却益を経費や引越し代に割り当てるなど、資金繰りに余裕が生まれます。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る