記事の詳細

共有名義のメリット

不動産の持ち主として登記できる所有者は複数で登録することが可能であり、夫婦での持ち家の場合は、夫と妻それぞれの名義にて登記する場合があります。

住宅ローンを組む場合も、同じく夫婦共同の名義が可能なのでしょうか?

結論から言えば、これは可能です。しかし夫婦共同名義で登記することにはさまざまなメリットに加えてデメリットもあります。

夫婦共同名義でローンを組むメリットとしては、夫婦それぞれが住宅ローン控除をうけられることです。

特に夫婦共働きの家庭であれば、おのおの収入に対して住宅ローン控除を受けることができるのです。

また住宅ローンを組む場合に夫婦それぞれの収入を合算した金額で、融資可能額が決められますので借入額を大きくすることでプランニングの幅が広がります。

共有名義のデメリット

一方でデメリットもあり、登記費用が二人分必要になり手数料などが多くかかります。

また夫婦名義の場合、その不動産を売却時するときにトラブルへ発展することがあります。特に問題になるのが離婚した場合で、この場合はまずは夫婦間の問題を解消しなければ、前へと進めないこともあります。

また出産などの理由で妻が仕事をやめ、ローンの支払いを夫にすべて任せる場合は名義変更などの煩わしい手続きを行う必要があります。

その手続きを行わずにローンの支払いを続けた場合は、夫から妻への贈与とみなされてしまうケースがあり、さらにその金額が年間110万円を超えると贈与税の対象となります。

夫婦共同名義にてローンを組んだ場合は、家庭内での金銭のやり取りが法律に関わってくるケースがあるので十分注意が必要です。

贈与問題

また、夫婦共同名義にてローンを組む場合に重要なのが、家の名義です。

家の名義としては夫と妻それぞれの名前を登記するのが一般ですが、その際にはそれぞれがいくらの頭金と、ローン支払いを背負ったのかを明確にしておかなければなりません。

面倒だからと夫の名前だけ登記したにも関わらず、ローンの支払いを二人で行っている場合には、妻から夫への「贈与」があったとみなされます。

そのために余分な贈与税が発生したり、そうと気付かずに脱税としてみなされるケースもありますので、十分注意が必要です。

既に贈与税が発生する状況となっていた場合には、夫婦間で金銭の貸し借りがあったことにする方法などがありますが、しっかり金融機関などを通じた取引の記録がなければ認められないようです。

これらをまとめると、名義にはそれぞれの支払い区分が大きく関わり、不動産にも関わってきます。住宅ローンを組むこと自体は可能ですが、十分な計画が必要になるのです。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る