記事の詳細

変動金利の仕組み

住宅ローンを利用するときに変動金利を選ぶ理由は、なんといっても金利が安いという点にあります。

変動金利制の仕組みは、一般的には半年に一度金利が見直され、返済額は5年に一度見直される仕組みをとっていて、これを5年ルールと呼びます。

また金利が高くなり金利が変更された場合、返済額も上がりますが新しい返済額は、これまでの返済額の1.25倍までと決められていて、これを1.25倍ルールと呼んでいます。

この1.25倍ルールは急激な金利の上昇で返済額が家計を圧迫しないようにとの配慮による措置で、変動金利制を選んだ際のデメリットの部分を救済する仕組みとなります。

つまり変動金利制でも、なるべく安定した返済額にすることで、返済が滞るリスクを回避しているのです。

変動金利に適する条件

では変動金利制を利用するのに適した方はどういった方なのでしょうか?

まずは金利が安いというメリットを生かし、短期間で返済を完了する予定をたてている人があげらます。

また繰り上げ返済をおこない期間を短縮して返済する方にも適しています。

また金利の上昇によるリスクを理解しており、そのリスクを背負ってでも金利の安さに魅力を感じている人であり、社会情勢や金利の動向に、自分なりの見解がある人となります。ただしこういった方ばかりではないのが現実です。

そのためどういったリスクがあるのかしっかりと理解しておく必要があります。

変動金利制でもルールがあり、悲劇的な結末は回避されていますが、この1.25倍ルールは新しい危険をはらんでおり、払っても払っても元金が減らない新しいリスクを生み出しています。

金利が大幅に上昇してしまった場合、返済額はこれまでの1.25倍ルールにより一定の金額に抑えられますが、金利の上昇率が高い場合、支払う返済金額がすべて利息のみという結果になり、さらに金利が上昇した場合未払い利息が出てしまいます。

そしてこの未払い利息が発生した場合は、返済期間中に分割で支払うか、ローン完済時に一括で支払う必要があるのです。

変動金利型を選んだ方がいい場合は、短期で返済を見込んでいる方、景気の変動に伴う金利の上がり下がりを理解していて、金利が上がった場合には固定金利に切り替えを行うなどリスク管理が苦にならない方に適しています。

また資産が多くあり、変動金利でも対応できる財力をもち、投機的な運営を好んでいる人に向いている返済型といえます。

変動金利を選ぶとき、そのデメリットを理解して固定金利型よりも安い金利のであるうちは、資産の減りは少なくて済みます。

そのため金利が上昇したときに、フラット35や固定金利型に迅速に切り替えがおこなえる準備をしておくことで、多くのリスクは回避できるかもしれません。

一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込。

住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る