記事の詳細

媒介契約とは?

不動産会社に売買の仲介を依頼するときには、必ず契約を交わします。それが媒介契約です。

この契約は、自分が希望する仲介業務の内容と手数料などを明確にするものです。

後悔する契約を選ばないためにも、媒介契約の種類と特徴を知っておくことは大切です。

この媒介契約をすることの意義は、業務内容や手数料などで後からトラブルになるようなポイントをはっきりさせ、問題が起きないようにするということです。

これは法律によって義務付けられている契約です。

媒介契約の種類

では、どんな種類があるのでしょうか。

大きく分けて3つあります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つです。

それぞれの特徴をつかんでおくなら、自分がどのように売却活動を進めて行きたいのかという方針にあった契約をきちんと選べるでしょう。

まず、「専属専任媒介契約」について説明していきましょう。

これは仲介を一社だけに限って依頼する契約です。つまり他の不動産会社に依頼することはできなくなります。また不動産会社ではなく、自分で見つけてきた相手方と取引するときにも契約した会社を通さなければなりません。

例えば、親戚や友人が不動産を買いたいと言ってきても、直接取引ができないのです。とても拘束力が強い契約です。

専任媒介契約」は「専属専任媒介契約」とほぼ同じ内容の契約になりますが、自分で見つけてきた相手方とは直接自分で取引することができます。そこが大きな違いです。

この2つの契約は依頼者にとって拘束力が強い契約ですから、法律で幾つかの規制が定められています。

まず、契約の有効期限は3ヶ月以内となります。

たとえ、3ヶ月を超える契約をしたとしても、法的な有効期間は3ヶ月です。また、全国の不動産情報データベースのレインズへの登録が義務付けられています。

このレインズに登録するなら、物件情報がより多くの不動産会社の目に止まり、最適な買い主を探すことができます。

そして、一つの不動産会社が、情報を抱え込んでしまうという状態を防ぐこともできます。

専任媒介契約等を結んだ不動産会社には、業務の実施状況を定期的に依頼者へ報告しなくてはなりません。

専属専任媒介契約であれば、一週間に一回以上、専任媒介契約であれば、2週間に一回以上です。

これは依頼者が、不動産会社の活動状況を定常的に確認する機会を確保するために定められている規制です。

一般媒介契約とは

一般媒介契約というのは、上記の2つの契約と違い、複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約です。

もちろん自分で見つけてきた相手方と、不動産会社を通さずに契約できます。依頼者にとって自由度の高い契約となります。

しかし、それぞれの契約にはメリットとデメリットが有ります。「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」は、不動産会社にとっては売却できれば100%自分たちの利益になるので、広告費などを多くかけて積極的に販促活動をしてくれます。

しかし一般媒介契約では一生懸命に販促活動をしても、他社に契約を持っていかれるリスクがあるので、あまりコストを掛けずに業務が行われることがあります。

ではどうすればいいでしょうか?

いきなり「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」を締結するのではなく、複数の不動産会社と相談する中で、信頼できる会社や担当者を見つけたなら、専任媒介契約等を中心に考えてみることができるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る