記事の詳細

不動産会社の役割とは?

不動産会社は一般的に、不動産仲介業者と呼ばれます。

実は不動産の取引は個人でも行うことが可能です。

しかし不動産に関連する法律は複雑だったり、売買当事者の後々のトラブルが多かったりするために、プロの不動産会社が間に入って取引を行うほうがリスクが少なくなります。

では、具体的に不動産会社の役割とはどのようなものなのでしょうか?仲介業者と呼ばれるわけですから、不動産会社は不動産の買い主と売り主を結びつける仕事をしています。

そしてその不動産の売買が無事に成立した時に、不動産会社に仲介手数料が支払われるのです。

この仲介手数料は成功報酬です。

つまり売買が実際に成立しないかぎり報酬をもらうことはできません。買い主の代行として物件を一生懸命さがしたり、売り主のためにたくさんの広告を多額の費用をかけて出したりしても、売買が成立しなければ何も受け取ることができないのです。

そのため不動産会社は、真剣に売り主や買い主のサポートをしてくれるのです。

しかし現在はインターネットを使って、簡単にたくさんの物件情報を検索できます。

ほしい物件を探すのもさほど難しいことではありません。そのため不動産会社の役割というのは、ただ物件を探して仲介するというだけではなく、より多くのことが期待されるようになってきました。

例えば物件の履歴を含めた調査だったり、資金計画を依頼者と一緒に考えたり、売買契約の際に当事者の双方に物件に対する誤解がないかきめ細かくサポートしたりする業務が期待されているのです。

仲介というよりもアドバイザーとしての役割がより強く求められるようになってきました。

不動産会社が行うサポートとは?

では具体的に不動産会社は、どんなサポート・アドバイスをしてくれるのでしょうか?

不動産売却時に行うサポートを例に説明していきましょう。

まず不動産売却を開始するうえで、最初に大切なのが不動産の査定と売り出し価格の決定です。

不動産会社は、過去と現在の事例や公的な物件の価格など、豊富な情報を元に売却物件を査定してくれます。

そして、売り主とよく話し合いながら最初の売り出し価格を決めてくれるのです。売り主はどうしても高い値段を付けたくなりますが、不動産会社はあくまでもきちんと売れる、適正価格を教えてくれます。

その後に、広告宣伝や全国の不動産がアクセスできるデータベースに情報を登録してくれたり、自社の顧客へ積極的に働きかけて購入希望者を探してくれたりします。

希望者が出てきたなら、内覧日の調整や価格の交渉などを行ってくれます。

この点が大切ですが、買い主に後々のトラブルにならないためにも、法律で定められている様々な重要事項を説明していきます。

これは、プロの不動産会社(宅地建物取引士)でなければできないことです。

そして、売買契約書の作成と手続きをサポートし、現地に立ち会って最後の引き渡し手続きもサポートしてくれるのです。

不動産取引では、多額の売却代金や費用の決済、法律や税金などの知識が必要になってきますが、不動産会社はその面で売り主にも買い主にも良いアドバイスを与えてくれるのです。

不動産会社に支払う仲介手数料は、このサポート業務に対しても発生していますので、不明なことがあれば不動産会社に相談するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る