不動産取引

不動産の取引をする上では、法律・税金・契約など知っておかなくてはならないことが沢山あります。

法律でいえば、宅地建物取引業法・借地借家法・消費者契約法・不動産登記法など不動産取引に法的な知識は不可欠なのです。また個人が不動産取引をおこなうことに法的な問題はありません。

しかし知識・経験の不足から思わぬトラブルに遭遇することもありますので、その道の専門家である不動産会社に依頼することをお勧めします。

税金については

不動産会社は不動産に関わる税金についてはある程度精通しているかもしれません。しかし個人に関わる税金に関していえばそこまで詳しい営業も多くは無いのです。

例えば譲渡所得について、「長期譲渡所得」or「短期譲渡所得」なのかを知っているかどうかでかなりの節税につながるのです。

仮に売却するマンションに4年11ヶ月居住していた場合、あと1ヶ月まって5年を経過してから売却することで、税率が39%⇒20%(所得税は30%⇒15%、住民税は9%⇒5%)となりかなりの差が出てくるのです。




譲渡所得がマイナスの場合

またマンションを売却して、譲渡所得がマイナスの場合はどうでしょうか?

この場合、譲渡所得税がかかりませんので、確定申告する義務はありません。しかし、その損失分を事業所得や給与所得などの所得と損益通算することができるのです。

ただしこれは居住しているイホームを売る場合限ります。

こういった税金の優遇についてもマンションを売却するときには知っておいて損はないのです。

法律・税金・契約

  • 不動産会社と締結する媒介契約の種類

    媒介契約の種類 不動産を売却するときに、個人で不動産の売買を行うことは法的にまったく問題はありません。 例えば親子間・兄弟間や友人・知人への売却であれば、わざわざ不動産業者に依頼するまでもないでしょう。 しかしこういったケース以外では、自分で不動産を買ってくれる人を見つけた…

  • 不動産を売却した後の税金(売却益なしの場合)

    売却益の計算方法 不動産を売却することで、可能であれば売却利益を出したいものですが、現実的には売却益が出ないことの方が多いのが実情です。 不動産売却時の利益の計算方法は、該当不動産を買った時の購入金額から、売れた金額に売却にかかった経費を合計して差し引いた金額が売却益になりま…

  • 不動産を売却した後の税金(売却益ありの場合)

    税金の種類 不動産を売却したときに売却益がでた場合には、税金を支払わなければなりません。 年度末に確定申告をする必要があるのです。この時に税金に関する知識が不足していたために、大きな損をしてしまうこともありえるのです。 税金については、様々な税務上の規則によって細かな取り決…

ページ上部へ戻る