不動産取引

不動産の取引をする上では、法律・税金・契約など知っておかなくてはならないことが沢山あります。

法律でいえば、宅地建物取引業法・借地借家法・消費者契約法・不動産登記法など不動産取引に法的な知識は不可欠なのです。また個人が不動産取引をおこなうことに法的な問題はありません。

しかし知識・経験の不足から思わぬトラブルに遭遇することもありますので、その道の専門家である不動産会社に依頼することをお勧めします。

税金については

不動産会社は不動産に関わる税金についてはある程度精通しているかもしれません。しかし個人に関わる税金に関していえばそこまで詳しい営業も多くは無いのです。

例えば譲渡所得について、「長期譲渡所得」or「短期譲渡所得」なのかを知っているかどうかでかなりの節税につながるのです。

仮に売却するマンションに4年11ヶ月居住していた場合、あと1ヶ月まって5年を経過してから売却することで、税率が39%⇒20%(所得税は30%⇒15%、住民税は9%⇒5%)となりかなりの差が出てくるのです。




譲渡所得がマイナスの場合

またマンションを売却して、譲渡所得がマイナスの場合はどうでしょうか?

この場合、譲渡所得税がかかりませんので、確定申告する義務はありません。しかし、その損失分を事業所得や給与所得などの所得と損益通算することができるのです。

ただしこれは居住しているイホームを売る場合限ります。

こういった税金の優遇についてもマンションを売却するときには知っておいて損はないのです。

法律・税金・契約

  • 不動産取引にかかる消費税とは?

    消費税の課税対象は? 不動産の取引において、売却する不動産の種類や売り主の立場によっては、消費税がかからないことがあります。 簡単に言うと、土地は非課税となりますし、建物は消費税がかかる課税対象です。 なぜ、土地には消費税がかからないのでしょうか。 それは法律で土地は消費…

  • 都市計画税とは?

    都市計画税とは? 都市計画税は、毎年一月一日現在で、固定資産課税台帳か登記簿に所有者として登録されている個人か法人に課税されるものです。 不動産を取得した時には、固定資産税だけではなく、この都市計画税も支払う必要があります。 一般的には、住宅を購入した時に都市計画税の年額を…

  • 固定資産税とは?

    固定資産税とは? 固定資産税とは何でしょうか。 固定資産税は市町村などの地方自治体が管理する税金で、土地や家屋を所有している人が納税の対象になるものです。 マンションやアパートで部屋を借りている場合は、固定資産を有しているわけではないので納税の対象にはなりません。 賃貸の…

  • 不動産取得税とは?

    不動産取得税とは? 不動産取得税とは、土地や家屋を購入したり、家屋を建築したりするなどして不動産を何らかの形で取得した時にかかる税金です。 不動産を取得した後にその不動産を管轄するエリアの役所から請求されます。 そして個人用の住宅の場合には、土地や家屋ともに軽減措置がありま…

  • 仲介手数料と諸費用。諸費用ってなに?

    不動産を購入するときにどれくらいの諸費用がかかるのでしょうか。 諸費用ですぐに思いつくのは、売買取引を助けてくれる不動産会社への仲介手数料です。 しかしそれ以外にも多くの諸費用がかかります。 ほとんどの場合、この諸費用は現金で支払う必要があります。 そのためどれだけか…

  • 不動産売買時にかかる費用~抵当権抹消費用~

    抵当権とは? 銀行からお金を借りて住宅ローンを組み、不動産を購入すると、その不動産には抵当権というものが設定されます。 抵当権とは購入した不動産を銀行からの借金の担保として押さえておく銀行の権利のことです。 所有者がその不動産を売るときには、この抵当権を解除しなければなりま…

  • 不動産売買時にかかる費用~測量費用~

    土地の測量の必要性 不動産売買の時に、売主が行っておくべきことに土地の測量があります。 しかし土地の測量は義務ではなく任意のため、やるかやらないかは売主の判断になります。 このページでは「測量にかかる費用は一体いくらほどなのか?」「測量をした方がいいケース、測量…

  • 不動産売買時にかかる費用~仲介手数料~

    仲介手数料とは 不動産売買の時にかかってくる仲介手数料とは何でしょうか。 それは不動産会社を通して不動産を売ったり買ったりするときに支払う成功報酬のお金のことです 。媒介手数料と呼ぶこともあります。 これはあくまでも成功報酬として支払うものですから、売買を依頼した時に、何…

  • 不動産売買時にかかる費用~印紙代~

    印紙代とは? 不動産を売買するときにかかる費用の一つに印紙代を上げることができます。 印紙代なんてそんなにかからないだろうと思われるかもしれませが、契約金額が高額になったり、売買に関係する人数が多かったりすると印紙代の額はばかになりません。 特に共同名義の不動産だと、全員が…

  • 不動産を売るとき、瑕疵の申告は必要?

    瑕疵とは? 契約後のトラブルを防ぐために、契約の前に相手方や担当する不動産会社に申告しておかなければならないものがいくつかあります。 その中で、一番大切なものが瑕疵(かし)の申告というものです。 では瑕疵とはなんなのでしょうか? 瑕疵とは、設備の故障など物件の欠陥のことで…

ページ上部へ戻る