記事の詳細

抵当権とは?

銀行からお金を借りて住宅ローンを組み、不動産を購入すると、その不動産には抵当権というものが設定されます。

抵当権とは購入した不動産を銀行からの借金の担保として押さえておく銀行の権利のことです。

所有者がその不動産を売るときには、この抵当権を解除しなければなりませんが、それには抵当権抹消費用というものがかかります。

では、この抵当権抹消の手続きがどうして必要なのか、またどれくらいの費用がかかるのかを調べてみましょう。

なぜ抵当権抹消の手続きが必要なのか?

不動産を購入するときには大きな資金が必要となり、それを一度に自己資金から全てを捻出する個人はあまりいないのではないでしょうか。

そのため一般的には、銀行からお金を借りるわけですが、銀行はお金を貸す代わりに購入する不動産を担保にするのです。

そして借り主がローンの支払いが不能になった場合に、銀行は担保として設定してあった不動産を差し押さえて処分し、処分して回収したお金を残った債務の返済にあてるのです。

一般的な不動産の処分方法は、競売にかけるというものです。法的には所有者が住んでいたとしても、抵当権を持っている債権者が自由にその担保物件を競売にかけることができます。

仮に抵当権が設定されたまま不動産の売買をおこなった場合、買い主は自分の知らぬ間に買ったはずの家が競売にかけられてしまうということが起こり得るのです。

抵当権がある不動産を売買することは法律上は問題はありませんが、売り主が不動産の売却後に残債を支払わなければ、新たな買い主が購入した不動産になっていても、抵当権を徹底している銀行に担保として持って行かれてしまうのです。

こうなった場合に売り主は、買主により債務不履行として契約違反をしたとみなされ、損害賠償請求を受けたり、契約解除されたりしてしまうのです。

ですから、抵当権抹消の手続きは必ずしておかなければなりません。※通常の不動産売買では上記の説明のように抵当権が設定されたまま売買契約が締結することはありませんが、抵当権の効力をわかりやすくするためのシチュエーションとなっています。

では抵当権抹消費用はいくら位かかるのでしょうか?

一般的にかかる費用は不動産一つに対して1000円程度で、土地と建物両方になると2000円になります。

そして司法書士への依頼費用が1万円ほどになります。そこに交通費などの諸費用が数千円入ることがあります。

抵当権抹消の手続きの費用内訳

大抵は取引を依頼した不動産会社により司法書士を手配してくれます。そして不動産会社は抵当権抹消費用の総額はいくらいくらですと言ってきます。

しかしもし手続き費用でなにか疑問がある場合などは、不動産会社の担当者に抵当権抹消費用の内訳を書面でもらうようにしてください。

担当者から提示された金額が高いと感じるときなどは、司法書士には内訳を明示する義務がありますので、きちんと明細を見せてもらいましょう。

例えば、売買される不動産がマンションであれば、関係する土地の敷地が実は複数あり、それゆえに登録免許税が高くなっていることもあります。

これは納得のできる理由です。

しかし、買い主が通常負担すべき住所移転の登記費用も含まれていることがありますので、そのようなときには担当者に説明を求めるようにしましょう。

抵当権抹消費用は、売買する不動産に関係する権利の種類や数によっても変わってきますので、よく不動産会社に確認するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る