不動産取引

不動産の取引をする上では、法律・税金・契約など知っておかなくてはならないことが沢山あります。

法律でいえば、宅地建物取引業法・借地借家法・消費者契約法・不動産登記法など不動産取引に法的な知識は不可欠なのです。また個人が不動産取引をおこなうことに法的な問題はありません。

しかし知識・経験の不足から思わぬトラブルに遭遇することもありますので、その道の専門家である不動産会社に依頼することをお勧めします。

税金については

不動産会社は不動産に関わる税金についてはある程度精通しているかもしれません。しかし個人に関わる税金に関していえばそこまで詳しい営業も多くは無いのです。

例えば譲渡所得について、「長期譲渡所得」or「短期譲渡所得」なのかを知っているかどうかでかなりの節税につながるのです。

仮に売却するマンションに4年11ヶ月居住していた場合、あと1ヶ月まって5年を経過してから売却することで、税率が39%⇒20%(所得税は30%⇒15%、住民税は9%⇒5%)となりかなりの差が出てくるのです。




譲渡所得がマイナスの場合

またマンションを売却して、譲渡所得がマイナスの場合はどうでしょうか?

この場合、譲渡所得税がかかりませんので、確定申告する義務はありません。しかし、その損失分を事業所得や給与所得などの所得と損益通算することができるのです。

ただしこれは居住しているイホームを売る場合限ります。

こういった税金の優遇についてもマンションを売却するときには知っておいて損はないのです。

法律・税金・契約

  • 隠れた瑕疵とは?

    隠れた瑕疵とは? 隠れた瑕疵とは、不動産の売買における瑕疵担保責任で、買い手側が取り引きを行う上で一般的な通常の注意を払っていても知る事ができない瑕疵のことを指しています。瑕疵担保責任は不動産の売買において、不動産に何かしら瑕疵があった場合に売り手側が責任を負うもので、必要な補…

  • 住宅瑕疵担保法履行法とは

    住宅瑕疵担保法履行法とは? 住宅瑕疵担保法履行法とは、住宅を購入する際により安心して購入するために事業者側に一定の義務付けを行なうための法律です。住宅瑕疵担保法履行法は、正式には特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律と呼ばれています。平成19年に成立・公布された…

  • 瑕疵担保責任から契約不適合責任へ

    瑕疵担保責任とは? 不動産の売買では瑕疵担保責任と呼ばれる責任が生じることになり、特に不動産の個人売買をする際には気をつける必要があります。まず瑕疵担保責任とは、不動産に瑕疵があった場合に売り手側に責任が負わせる法的責任のことを指しています。不動産の瑕疵についてなんら説…

  • 不動産売買時の手付金の相場

    解約手付とは 不動産の売買の時には契約をする段になって手付金を支払うことが一般的になっています。個人間での売買契約であるなら法律でこの手付金の金額が定められているということはありません。 それぞれの不動産取引で金額は変動します。では、手付金の相場はいくら位なのでしょうか。 …

  • 成年後見が必要な家族名義の不動産を売却する手順

    本人の意思確認の可否 親が認知症などのため施設に入る必要が出た場合、親名義になっている不動産を売却してその資金を施設の支払いに充てたいというケースが増えています。しかし不動産売買の基本は名義人本人に売却の意志があるかどうかということが一番重要になってきます。これが確認できなけれ…

  • 家族名義の不動産を売却したときの贈与はどうなる?

    家族名義の不動産 家族名義の不動産を売却するためにはどんな手順を踏んだら良いのでしょうか。また、不動産売却後のお金を親族などに贈与する場合にはどのようば手続きをする必要があるか説明していきましょう。まず家族名義になっている不動産ですが、たとえ家族であったとしても名義人の…

  • 家族名義の不動産を売却したときの相続はどうなる?

    家族名義の不動産 家族名義の不動産を売却したい時にはどうしたら良いのでしょうか。また不動産売却後に、その売却で得たお金を兄弟などの相続人で相続する場合にはどんな手続が必要になるか考察していきましょう。 最近は、両親と同居しない家族が増えています。そのため親が亡くなった後に残っ…

  • 不動産会社と締結する媒介契約の種類と特徴

    媒介契約とは? 不動産会社に売買の仲介を依頼するときには、必ず契約を交わします。それが媒介契約です。この契約は、自分が希望する仲介業務の内容と手数料などを明確にするものです。後悔する契約を選ばないためにも、媒介契約の種類と特徴を知っておくことは大切です。 この媒介契約をするこ…

  • こんな不動産業者には気をつけろ(悪徳業者の特徴)

    契約形態に注意 不動産の取引(売却・買取)をしようと思うときに、悪徳業者に注意しなければなりません。なぜなら、まず不動産会社へ仲介を依頼する契約を結びますが、その時に不動産会社は売却活動を自分のところにだけ任せるという、専属専任媒介契約や専任媒介契約を結びたがります。これは、他…

  • 不動産会社の役割(できること)

    不動産会社の役割とは? 不動産会社は一般的に、不動産仲介業者と呼ばれます。実は不動産の取引は個人でも行うことが可能です。しかし不動産に関連する法律は複雑だったり、売買当事者の後々のトラブルが多かったりするために、プロの不動産会社が間に入って取引を行うほうがリスクが少なくなります…

ページ上部へ戻る