記事の詳細

アメリカのカリフォルニア州で始まったAirbnbのサービスは多くの人の心をつかみ、世界中で利用できる人気の宿泊サービスになりました。

便利で旅行費用を節約できるAirbnbですが、日本国内でサービスを利用する際に、Airbnbには多くのメリットがある一方でデメリットがないわけではありません。

エアビーアンドビーを活用する方は、きちんとデメリットを理解しておく必要があるでしょう。

Airbnbと法律問題

Airbnbには法律の問題が常に付きまとっています。

最近でマスコミにも取り上げられることが多くなってきた、旅館業法に触れる可能性についてのリスクです。

現行の法律ではグレーゾーンという見方から旅館業法に違反しているのではなど、様々な意見があり、はっきりした法律が整備されていないのです。

しかし大田区などでは「民泊に関する条例」を制定して一定の条件を満たした場合は、Airbnbなどの民泊を認める条例がスタートしました。

とは言え、実際に民泊として登録されている物件が少ないことに驚くを隠せません。

近い将来Airbnbでの運用はリスクになるのか?それともさらなるビッグチャンスになるのかは明白になるでしょう。

収益の取り扱い

Airbnbで運用して得た利益は、副業として運営していた場合でも年に20万円以上の収益が上がった場合は申告する必要があります。

事業として不動産を運用する方はきっちりと申告をするでしょうが、個人で小遣い稼ぎ程度で行っている方は間違った認識をしないように注意が必要です。

税金問題

所得(収入-経費)を計算して、税務署に申告しましょう。

清掃費用内装費用家電などの備品などは経費になります。ちなみに自宅(自宅の一室など)を活用して運営している場合は雑所得となり、所有物件を貸し出している場合は不動産所得となるそうです。

詳しくは税務署までお問合せ下さい。

さまざまなリスク

また法的問題税金以外にもにもAirbnbにはデメリットが考えられます。

外国人旅行者を泊める場合が多いAirbnbは、大家さん近所の人との摩擦を生む可能性がはらんでいるからです。

文化宗教観、考え方の違いで外国人旅行者は日本人とトラブルを起こす可能性が出てきます。生活の環境・ルールの違いからこのような問題があります。

近隣トラブル

深夜遅くに騒いだり宗教の儀式を始めたり、ゴミを分別しない。これ以外にも日本人なら当たり前だと思っているルールやマナーが外国人旅行者には理解できない場合もあります。

こういったことが原因で近隣同士でのトラブルが発生すれば、大家さんや近所の人にとってAirbnbは頭を悩ませる問題になる場合があります。

ゲストに対するしっかりとガイダンス、そして近隣への説明を行うことである程度は未然にこうした近隣トラブルを防ぐことはできます。

重要なのは人と人とのコミュニケーションとなりますので、面倒がらずに近隣住人とは普段からの付き合いを行うことが重要になるのです。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る