記事の詳細

不動産の有効活用の新たなビジネモデルとして、日本でも注目され急速に普及しているのがAirbnbです。

このAirbnbを利用する日本人ホストは、特に大都市である東京神奈川・大阪を中心に急増しています。

当然デメリットも考えなくてはなりませんが、まずはAirbnbのサービスに参加して不動産を運用することに、どのようなメリットがあるのか考察していきましょう

宿泊費用を削減

Airbnbを利用することで、ゲストは自分の予算にあった物件を簡単に見つけることができ、ホテルなどを利用するよりも旅行費用を安く抑えることができます。

特に海外旅行の場合は1日や2日宿泊するのではなく長期滞在が基本です。長期滞在に向いている宿泊システムを提供しているのがAirbnbなのです。

一般的には長期滞在になればなるほど宿泊費はゲストの財布の中身を圧迫させます。

しかしAirbnbが提供する物件には、キッチン付き・洗濯ができるなど旅行費の節約につながる設備を完備した物件も多いためゲストのお財布にもやさしいサービスなのです。

特に若年層を中心にあまり資金・お金がない人にとってAirbnbは旅行費用を抑えたい人に最高のサービスといえるかもしれません。

ゲストの要望を満たすAirbnbが提供する宿泊先は需要がとても多く、こういった世界中の旅行者層をターゲットにできるため、ホストにとっては物件を高稼働で運用できる可能性があるのです。

予約が簡単

またAirbnbで宿泊先を探すのが簡単な上に楽しいと評判を得ています。

写真つきで宿泊先や地域の魅力を紹介してもらうのはインターネットを使ったAirbnbならではの楽しみ方です。ゲストにしてみればAirbnbの予約も簡単なので気軽に旅行を楽しむことができます。

これは利用者増加につながり、ホストにとっても大きなメリットとなっています。

安心の決済システム

Airbnbのホストとゲストをつなぐシステムが優れているため、世界中から簡単に予約が取ることが可能です。

仮にシステムが複雑であった場合、ただでさえ不安な海外旅行では利用されること自体ないかもしれません。

また決済について、Airbnbを通じてのやり取りのためトラブルもなく安心して取引ができる点も大きいです。

さらにホストにとっても無料で物件の紹介をしてもらえるため、広告費用などを用意する必要もないのです。

Airbnbの将来性

日本への外国人観光客はどんどん増えており、東京オリンピックの影響もあり、今後も増える見通しです。

さらにAirbnbは日本人にも浸透しているため、国内旅行出張などでこのサービスを活用する人数も増えるでしょう。

今後も増加が見込める海外からの観光客観光客だけではなく、国内利用も増えれば当然稼働率もあがり高収益があがることが期待できるのです。

このように予測する不動産投資家も多くいます。

新しい雇用

Airbnbの普及により、新しい雇用を生み出すきっかけにもなります。

実際にAirbnbの登録物件の掃除鍵の管理などの運用を代行サービスも始まっています。Airbnb用の内装を手がける会社まであります。

不動産を持っているホストがこの代行サービスを活用し、新しいビジネスチャンスや雇用を生み出し、経済を活発にさせる原動力になる可能性もあるのです。

不動産資産を運用するだけでも多くのメリットがあるAirbnbですが、ゲストにとっても楽しい旅行、すばらしい宿泊先を提供して、ホスト・ゲストともにお互いにメリットを得ることができるのもAirbnbの特徴と言えるでしょう。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る