記事の詳細

不動産の新たな運用方法のひとつとして、ここ最近注目を浴びるが民泊ビジネスですが、この民泊ビジネスに参入を検討する人が増えいます。

そのため最近開催されている不動産投資セミナーのテーマを調査すると・・・

民泊ビジネスに参入したい不動産オーナーやこれから不動産投資を始めようと考えている投資初心者を対象に、Aibbnbセミナーが多く開催され、実際に多くの方が参加されています。

民泊を始めるために必要なこと

民泊調査

ではなぜこの民泊ビジネスはここまでの人気、注目を集めだしたのでしょうか?

それは民泊ビジネスは通常の不動産投資よりも、多くの収益を上げられる可能性があるだけでなく、リスクの分散というメリットが考えられるからなのです。

しかし、多くの方にとって民泊の始め方や運用方法はわかりづらいのも確かです。

そこで、民泊の魅力を生かした民泊ビジネスを始めるために知っておきたいことや、民泊ビジネスを成功させるにはどのような工夫が必要か、また集客の工夫などについて解説していきたいと思います。

またご自身で直接運用することが不安、または運用にはあまり関わらず不労所得を目指したい方には、Airbnb運用代行を活用する方法が適しています。Airbnb運用代行のページにお進み下さい。

民泊を始めるにはまず不動産の状態を確認する

民泊を始めるためにはまず自分が所有または契約しようとする不動産が、民泊の許可を得た地域であることを確認するこが必要です。

なぜなら民泊は無計画に好き放題に行っていいわけではなく、様々な法律との兼ね合いで一定の地域でだけ許されているからです。このため民泊で運用を考える物件が、いわゆる民泊条例に適合しているのかどうかをしっかりと確認しましょう。

現在、この民泊が許可されているのは、国家戦略特別区域という経済的な回復や今後の科学技術振興に必要な地域に限定されていて、首相官邸のホームページから該当地域が確認できるようになっています。

国家戦略特区に該当することが確認できた場合には、次に民泊を行うために必要な設備が十分に整っているのかを確認しましょう。

民泊の基本的な条件は広さと設備です。

基本的に床面積が25㎡以上の面積をもち、出入り口や窓には施錠が可能なことが条件となっています。電灯の完備やエアコントイレの設置などの条件を満たせば民泊を行うことが可能になります。

このような設備の条件が満たされていることを確認したのちには物件の取得に移ります。

特に共有物件であれば事前に契約をする前に民泊の許可を得ておくことが必要です。許可を得ずに勝手に民泊を行うことは後に問題となるケース多いのため注意しましょう。

民泊を始める時に気を付けたいこと

民泊をこれから始める時にはまず、言語の問題の対応を行わなくてはなりません。

民泊を利用する大半の人は外国人で、そのため言語的な不利益を被ることが多く、しっかりと言葉の壁を配慮することが必要です。外国語対応の表示があるだけで宿泊の容易さが変化します。

このような配慮を欠かさないことが重要です。

また、文化の違いにも注意をしておく必要があります。文化的なギャップを埋めるためには、まずこちらの文化を理解してもらう必要があり、禁止事項をしっかりと明記しておくことが大切です。

特に問題になるのは、ゴミ捨ての問題と騒音対策です。共有物件の場合、ほかの入居者に迷惑をかけると民泊を継続することが難しくなるので、民泊の客と住民の棲み分けが出来るような工夫が必要になります。

民泊を始めるにはairbnbを活用したい。

もし手持ちの物件を生かして、これから民泊を行うという時に困ることがあります。それは民泊の宣伝と集客です。

実はこの宣伝をうまく行うためのチラシやホームページの作成はあまり有力な手法とは言えないのです。民泊の大半は外国の方を対象にしたホームページのため、日本のホームページではSEOの関連からあまり外国人には発見してもらえません。

このため、airbnbが活躍します。

海外ではairbnbが民泊を探すファーストチョイスになっているため、民泊を行っている人が一番活用しなくてはならないサイトなのです。民泊をうまく進めるためにはairbnbなどで定期収入を確保することです。

1度宿泊をしてもらえればリピーターの確保も可能になるので、airbnbを有効活用して安定収入を確保していくと良いでしょう。

副業には不向き?

民泊副業

民泊を活用する場合、収益的に見れば非常に魅力のあるビジネスモデルと言えますが、一方で運用するにはそれなりのノウハウと手間が必要となります。

この2つは民泊を成功させる上で必須の条件となるため、不労所得を目的にする方には、ある意味不向きなビジネスモデルと言えるかもしれません。

なぜなら集客を行うために、Airbnbのサイトで様々な仕掛けが必要となり、さらに予約客に対しての対応が必要となるからです。また手間の部分でも、宿泊者とのやり取り(鍵の受渡し部屋のメンテナンス)などが必要になります。

つまり副業というよりも、ビジネスとして民泊を行う方に適したビジネスかも知れません。

しかし不労所得を目指す方でも、Airbnbの運用代行を活用する場合はこの限りではありません。この運用代行はAirbnb運用に関する一切を代行してくれるため、不動産オーナーは特に何もすることなく、収益を得ることが可能だからからです。

本格的なビジネス、そして副業としても取り組むことが可能な民泊、不動産投資のひとつとして検討されてはいかがでしょうか?

賃貸ではじめる民泊。サブリース型民泊運用がスタート!

関連記事

ページ上部へ戻る