記事の詳細

Airbnbのホスト視点の使い方

Airbnbにおいては、場所を提供する人をホスト、その場所を利用する人をゲストと呼びます。

非常に多くの方が利用しているAirbnbですが、やはりホストとゲストではその使い方が大きく異なってきます

最近では不動産投資の運用コンテンツとして、ホストとしてAirbnbを活用したいという方も多くなっています。

ここではAirbnbの使い方をホスト視点でご紹介していきたいと思います。

登録から部屋の掲載

まずはAirbnbに登録します。基本的には指示に従って入力していくだけですので、登録はすぐにできるでしょう。登録が完了したらいよいよ、ホストとして部屋の掲載をしていきます。

部屋を掲載するにあたって手数料が必要になるのではないかと思っている方もいるでしょうが、掲載は無料となっています。そのため、自分の部屋がゲストに必要とされているのかを調査するためにとりあえず掲載してみるといったことも可能となっています。

一軒家を丸々貸し出してしまうのもOK、自分の部屋を一室だけ貸し出すのもOKです

ホストとして提供する場所を整えたら、写真を撮ってこまかな情報とともに掲載していきましょう。

写真は結構重要なポイントになります。綺麗に撮っておきたいのですが、綺麗に撮りすぎてしまうとゲストが実物を見たときにガッカリしてしまうこともあります。

実物と写真の差が開きすぎないように気をつけていきたいものです。

Airbnbに申請すればプロのフォトグラファーに依頼することも可能です

また部屋の紹介もしていきましょう。

どういった設備があるのか、アメニティはどうなっているのかといった部分はゲストも重視するところです。ネット環境や周辺の情報といった部分も細かく記載していきましょう。

旅行で利用するゲストがほとんどになりますので、宿泊先までのアクセスをわかりやすく多言語で記載しておくと安心です

料金設定はホスト次第になりますので、同じような条件のものがどれくらいの価格で掲載されているのか、競合する物件をチェックしておきましょう。

空室状況などについてもご自身が一番わかっているでしょうから、そういったものも設定していくようにしましょう。

ゲストからのアクションを待つ

必要な情報を記載し登録を完了したら、後はゲストからのアクションを待つだけです。ゲストからの予約には2種類あり、ホストは好きなほうを選択することができます。

ひとつはゲストから予約リクエストを送ってもらいゲストを見極めた上で返事をする方法、もうひとつは一定の条件を満たすゲストにだけ今すぐ予約というものを選択してもらう方法です。後者に関しては、すぐに予約を受け入れる形になります。

ゲストの受け入れ

ゲストからの予約を受けたら、いよいよゲストの受け入れです。ゲストが来る当日はもちろん、滞在期間中はゲストと連絡が取れるようにしておきましょう。

すでに部屋は綺麗にしているでしょうが、人を受け入れる場所として失礼がないかどうかなどを最終チェックしておくことも大切です。

海外の方をゲストとして泊める場合には、文化の違いなどもあるでしょうから滞在するにあたっての注意書きといったものを作成しておいてもいいでしょう。

自分がゲストだったら・・・という視点でいろいろと準備を進めておくといいかもしれません

受け入れが終わったら

ゲストがチェックアウトした後は、すぐに部屋の確認をしましょう。というのも、ゲストが間違って部屋にあったものを持ち帰ってしまう可能性があるのです。逆に、ゲストが部屋に忘れ物をしてしまう可能性もあります。

こういった場合、早くに見つけることができればすぐに対応できるのですが、発見が遅れると郵送などで時間と手間がかかることになります。すぐに部屋の確認をし、問題ないかを確かめていきましょう。

問題なければ、レビューを書きましょう。Airbnbにおいてはホストがゲストのレビューを書くことができるのです。ゲストからもホストのレビューができますので、お互いが評価できるシステムとなっているのです。

他のホストやゲストの参考にもなりますので、是非書いておきましょう。

部屋の提供を終えたら反省点を探す

初めてホストとして部屋を提供する方というのは、すべてにおいて探り探りになるかと思います。だからこそ、部屋の提供を終えたら反省点を探していきましょう。ゲストからのレビューなども参考になるでしょう。

最初からうまくいくという方はそうそういないでしょう。誰もが何かしらのつまずきを感じながら利用しているものです。

特に海外からの旅行客を受け入れる場合、文化の違いなどから思ったようにいかなかったということもあります。

「ここまで言わなくても伝わるだろう」と思っていたところが伝わっていなかったということもありますので、こういった経験をひとつひとつ活かし、ホストとしてゲストに提供できるマニュアルのようなものを作成していってもいいのではないでしょうか。

Airbnb代行業者による運営

不動産投資目的の方で、物件の用意だけを行い実際の運用はAirbnb代行業者に任したいという方も少なくありません。特に複数の不動産を運用する場合は、Airbnb代行業者任せることで効率的な運用を可能にする場合があります。

注意する点は、代行業者によってサービス・価格がかなり異なることです。代行費用と収益を計算してどこまで自分でやり、どこまでを代行業者に任せるかを決定すると良いでしょう。

Airbnbで不動産投資

Airbnbを活用して不動産投資をされる方が増えてきているのは、冒頭にお話しましたが、このコンテンツ自体まだ新しいビジネスのため運用に関する情報は十分に浸透していないことが考えれます。

そこで活用するのが「Airbnb不動産投資セミナー」です。無料で開催されているセミナーがほとんどですので、Airbnbを活用した不動産投資に興味ある方は是非活用することをお勧めします。

最新の情報については、AirbnbのHPをご確認下さい。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る