記事の詳細

Airbnbを利用するゲストが宿泊先に求める設備は、ゲストによってさまざまです。

素泊まりを希望するゲストであれば「眠れる場所を確保できればいい」、しっかり休息したいゲストであれば「最低でもビジネスホテルくらいの環境は欲しい」などゲストによって求められるものは変化します。

しかしホストが最低限の生活環境をゲストに提供しなければ、ゲストから予約を取ることは困難になります。Airbnbを運用する上で、内装掃除鍵の管理と同等に重要なことになります。

では実際にどういったものを用意すればいいのでしょうか?このページでは特に準備に注意が必要な家電製品について考察していきます。

最低限必要な家電

まず日数による違いはありますが、最低限度必要な家電つまりに宿泊時に必ず使われるような電化製品は、安くて壊れづらいを準備しておきましょう。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電気ポット、電子レンジ、ドライヤー、アイロン・アイロン台などは最低限用意する必要があります。

これらの家電製品は旅行者が利用するビジネスホテルや簡易宿にも一般的に完備されているものになります。

ゲストの多くは最低限これくらい準備してあると想定していますので、不足しているようなことになると、不満を感じてレビューにも影響がでることもあるためこれらの家電は最低限用意するといいでしょう。

また家電の使い方について、多言語の説明書を作成しておくと喜ばれますので是非用意してみては如何でしょうか?

特にテレビなど音がでるものは深夜まで大きな音で視聴していると近隣とのトラブルに発展しかねませんので、多言語のガイドラインを用意するといいでしょう。

ゲストの満足度を上げる家電

予算に余裕があるホストは、あなたがあったら便利だと思うよう家電製品を準備して、他の物件との差別化を図るのも面白いかもしれません。

例えば、日本のマッサージ機はとても優れていますのでマッサージ機を設置したり、トイレにウォッシュレットを設置したりするのはどうでしょうか?

また洗濯機も乾燥機付きのものにすると天候に左右されずに洗濯もできるため、ゲストは大変喜んでくれるでしょう。

ゲストの満足度を上げ、いいレビューを書いてもらう材料になります。Airbnbの世界ではゲストのレビューはかなり重要な意味を持ちます。

レビューの内容がひどいと、その人が今後利用してくれないばかりか、他のゲストを遠ざける原因にもなります。

またスマホの普及によりインターネット(wifi)環境を設備にとりいれることは必須事項となっていますのです、多言語の使い方説明書とともに設置することをおすすめします。

少なくとも一人暮らしに必要な家電程度は揃える

Airbnb利用者もホテルや旅館を使うわけではないので、最低限度の家電でも十分満足できることが予想されます。

それでも便利な生活習慣を望んでいる人が多いので、テレビやDVDなど、一人暮らしに必要な家電は安くてもいいので準備しておきましょう。

一から家電を揃えるとなるとかなりの費用が必要になります。初期費用として家電だけでも10万円は軽く越えてしまうのが簡単に想像できます。

費用を抑えたいのであれば、知人に使っていない家電を譲ってもらったり、フリーマーケットやインターネットで中古品を安く購入することも視野に入れておきましょう。

お金をもらって宿泊してもらいますが、全部新品を揃える必要はまったくないからです。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る