記事の詳細

世界中の旅行者が活用しているAirbnb

最近ではマスコミに取り上げられる機会も増えて、日本人旅行者にも徐々に浸透してきていますが、外国人旅行者にとってAirbnbを使った宿泊先を探すのは当たり前のサービスになりつつあります。

こういった背景もあり、日本国内を旅行するAirbnbのゲストは外国人利用者が大半をしめるのです。

そのため、外国語でのコミュニケーションに問題がないホストであればうまくいく場合でも、外国語が苦手なホストにとっては問題となるケースもあります。

特に問題になるのが『鍵の問題』です。

このページではトラブルに発展しやすい「鍵の管理」について解説していきます。

よくある鍵トラブル

実際に海外では鍵を巡るAirbnbのトラブルが多く報告されています。

大きく分けると2種類になり、『鍵の受け渡しを忘れて、ゲストが家に入れなかった場合』と『チェックアウトまでにゲストが鍵をなくしてしまった場合』になります。

物件が近くにあればいいですが、遠方にある不動産をAirbnbに登録し、宿泊者に提供する場合もあるでしょう。さまざまなことが原因となり、行き違いになってしまうのが鍵の受け渡しなのです。

郵送などで鍵を送る場合もありますが、鍵の受け渡しは直接ゲストとホストがやり取りするのが理想です。

最初のチェックインの日にホストがゲストを出迎え、この時に鍵を渡せばゲストが家に入れないトラブルを防ぐことができます。

ただし実情は管理ポストなどを利用して、暗証番号を教えて鍵の受け渡しをおこなっているホストが多いようです。確かに手間がかからない方法ですが、この方法を使うホストは一点注意しなくてはなりません。

それはゲストがチェックアウトした後、確かに鍵が返還されているかどうかチェックして次回利用するゲストのためにしっかりと鍵の管理を行う必要があるのです。

鍵の管理方法

またゲストによっては鍵をチェックアウトまでに紛失される可能性も出てきます。

家の中にあれば清掃時に見つかる可能性もありますが、外出先で紛失した場合は完全になくなってしまうことも珍しくありません。

ディンプルキー形式やカードキーの場合は管理会社に鍵の紛失を報告し、新しい鍵を作ってもらう必要があります。

費用はかかりますがセキュリティーの面で重要なことのため、面倒に思わずに無くした場合は管理会社などに絶対に報告しましょう。

鍵トラブルを避けるために

鍵を巡るトラブルはAirbnbのホストにとって頭を悩ませる問題のひとつです。

特に鍵がチェックインまでに手元に届かない場合、途方にくれるゲストもいますので、しっかりと事前に鍵の受け渡し方法について確認を行うことが重要です。

Airbnbでは「Airbnbのメッセージシステム」を利用することで、情報を一箇所で共有できるためこのシステムを推奨しています。

異国の地で頼れる人がホスト以外にいない。それなのにホストと連絡が取れずに、周りの地理もよくわからず、家の前で途方にくれてしまう。

こうなるといくら謝罪してもレビューに悪く書かれるのは明白です。

今後の運営にも大きな問題が出るので、しっかりと事前に打ち合わせを行ない、こういった事態が起こることは絶対に避けるようにしましょう。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る