記事の詳細

アメリカのカリフォルニア発祥の宿泊システムAirbnb

その人気は留まることを知らず、アメリカのみならず世界中にネットワークを広げています。空き家や空き部屋をホスト・ゲストが有効活用するシステムが受け入れられ、世界中で利用者や登録者が増えています。

日本も例外ではなくその人気は急上昇中です。では日本国内のエアービーアンドビーの現状はどうなっているのでしょうか?

日本でのAirbnbの問題

日本国内にAirbnbのサービスが提供された当時から、旅館業法に違反していると主張する旅行業界との間で摩擦がおきていて、さまざまな問題提起がなされてきました。

そもそも旅館業法によれば、許可を得ていない建物をホテルや旅館として部屋を有料で貸し出すことを法律で禁止しています。

民泊条例により明確化された部分はありますが、実際には日本の旅館業法にどこまで触れるのかなどのエアービーアンドビーを巡る議論はまだ終わっていないのが現状と言えます。

むしろこれから多くのことが議論され、詳細な決定がされ、これからの方向性がはっきりしてくるのではないでしょうか。

そもそもAirbnbは空き家空き部屋を、ゲストに有料で貸し出すシステムを採用しています。このやり取りだけをみて判断すれば、旅館業法に触れる可能性がないとは言い切れないのです。

※民泊に関わる最新の法令については国土交通省観光庁HPをご確認下さい。

方向性の決定はこれから?

Airbnb

友達同士で部屋を少しの間、お金のやり取りをして利用してもらうのであれば旅館業法に触れるとこはないでしょう。

しかし、Airbnbの場合は不特定多数の人間が何度も出入りして、お金のやり取りをして部屋を貸し借りすることになります。これは旅館業法の『営業』に該当すると考えられるのです。

このような議論は、行政、政治家、旅館業関係団体、法曹関係の人間などで活発に議論がされています。旅館業法によれば、旅館や宿泊施設を経営・運営するのは簡単に資格が取得できるわけではありません。

さまざまな設備規定や人的配置などクリアーすべき事項がたくさんあるのです。旅館業法で認可されていない構造や設備の家や部屋を貸し出すことは、日本では旅行業法に触れる可能性は否定できないのです。

今後の展開

大きな問題がエアービーアンドビーのやり取りで現在はまだ起きていないことと、宿泊施設の不足している現状が背景にあり、Airbnbはグレーゾーン的な立ち位置にあります。

悪質なケースを除くとAirbnbで大規模な摘発や規制がなされていないため、大目に見られているといった立ち位置なのかもしれません。

東京オリンピックの宿泊施設の不足が解消されるまでは、厳しい取り締まりは行われないといった予測もあります。

またエアービーアンドビーが白か黒かグレーなのかは別にして、Airbnbの利便性やサービスが優れたものであることは、利用者数の増加をみれば一目瞭然のことです。

ホテルや旅館にはないその国独特な雰囲気などを体験できるサービスを気軽に利用でき、さらには自分の予算によって料金も抑えることができるサービスは他にはなかなか見つかりません。

すでに旅行者(ゲスト)にとってAirbnbはなくてはならない存在になりつつあります。

不動産ビジネスとして

また不動産の新たなビジネスとして、民泊ビジネスが人気となっています。そして民泊ビジネスに空き家を活用することで、空き家問題の解消につながるひとつの手段としても注目されているのです。

こうした社会の流れもあり実際に、Airbnbに関するセミナーも多く開催れていますので、民泊ビジネスに興味のある方は参加されると良いでしょう。

行政などもこうしたエアービーエンドビーの効率性や利便性を考えて、これからさらに詳細な法整備を進めていくと考えられます。

また東京オリンピックの開催を視野にいれた場合、エアービーアンドビーを無くすのは海外からの旅行者にとって致命的に宿泊先が不足する自体が予想されるため、旅館業法の緩和を進める動きも出てきています。

興味のある方は、Airbnbの動向に今後も注目してみてはいかがでしょうか?

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る