記事の詳細

出張先の宿泊先

日本人による国内旅行でのAirbnbの利用は問題ないことはお話しました。

当然これが問題ないのですから、Airbnbを利用して出張、さらには社員旅行を目的にして、登録物件を活用することは可能です。

しかし「領収書が出ないのであれば、経費として使いづらい」のではと不安に感じる方もいるかもしれません。

ご安心下さい。Airbnbでは宿泊先の決済をする際に、「出張」を選択するとことで経費として処理できる領収書を提供してもらえるのです。

またAirbnbは国内外の宿泊先が登録されていますので、国内出張だけではなく海外出張の宿泊先としても、あなたのビジネスニーズにあう物件をみつけることが可能なのです。

宿泊先の選択肢を広げる

東京・大阪などの大都市圏のビジネスホテルの稼働率は非常に高いため、急な出張や長期の出張の場合に宿泊先を確保することが困難なケースが多々あります。

このような場合、エアビーアンドビーにゲスト登録して宿泊先を探すことができますので、ホテルとらわれずに宿泊先の選択の範囲を広げることができます。

さらには駐車場、洗濯機、キッチンなど必要に応じた設備を完備した物件を利用することで、経費削減につながることにもなります。

また「領収書」の発行が可能ですので、ホテルなどと同様に経費として処理することができるもの魅力といえます。

クレジット払いもできますので、法人カードで支払いをすることでさらに簡潔に処理することも可能となります。

社員旅行の宿泊先

旅行

出張同様に、社員旅行の宿泊先としても活用することも可能です。研修旅行など目的に合った宿泊先を選ぶことで、費用的にも無駄のすくない宿泊先の確保ができるでしょう。

国内旅行はもちろん、海外旅行でも利用可能ですし、ホテルでは経験できない体験をすることで、社員の士気を高めることにもつながるかもしれません。

ホテル・旅館とは違った

利用目的にマッチした物件があれば、費用的にかなりのコストダウンを見込むことができます。必要なもの・不要なものをサイトで確認して宿泊先を選ぶことができるため、場合によっては理想的な物件をみつけることができるかもしれません。

また海外のホスト登録物件にはコンドミニアムなどもあるため、ホテルとは違った経験ができます。

AirbnbではAirbnb出張サービスというコンテンツを提供していて、法人会員の登録を行い出張プログラムに参加することでこのサービスを利用することができます。

このサービスを利用すると、出張ニーズにマッチした検索結果をカスタマイズすることができます。

ビジネスで活用

エアビーアンドビーは通常の旅行以外にも、ビジネスとしても利用することができます。また自分の要望するスタイルで物件を検索することができる上に、予算に合わせた滞在費用の物件を探すことで経費削減になります。

繁忙期は特に重宝

繁忙期でホテルなどの確保が困難な場合は、エアビーアンドビーの登録物件を活用して、宿泊先の選択の幅を広げてみましょう。長期間のホテル滞在が苦手な方でも、自宅にちかい感覚で利用できる登録物件がみつけることができるかもしれません。

出張時に車が必要な方には、駐車場付きの登録物件がおすすめになります。出張中に炊事・洗濯などは自分でやりたい方は、キッチン・洗濯機が設置されている登録物件を活用下さい。

出張にも活用できるAirbnb

エアビーアンドビー

国内外を問わず、Airbnbを出張の宿泊先として活用することができるのがわかりました。では東京オリンピック開催に向けて東京都の宿泊施設の供給状況はどのようになっているのでしょうか?

平日でも東京都の宿泊施設は高稼働で、週末や連休になると予約が困難な場合も多くあります。こういった背景にプラスして東京オリンピックの開催が重なった場合、今のままでは圧倒的に宿泊施設が不足するのが容易に予測できるのではないでしょう?

つまり、ホテル・旅館といった宿泊施設の不足は、Airbnbの利用者を増加させる要因になるのです。

不動産ビジネスとしての可能性

ここで民泊ビジネスに絡めて考えてみましょう。

仮に大田区に投資用の賃貸マンションを所有していた場合、その物件をAirbnbで活用した場合を想定してみましょう。

通常の賃貸マンションでは家賃として10万円だった収益が、Airbnbで運用した場合、2~3倍の20~30万円の運用収益を得ることも可能なのです。つまり民泊は儲かる可能性がある不動産ビジネスなのです。

では投資用の賃貸マンションを所有していない場合はどうすればこの民泊ビジネスに参加できるのでしょうか?

答えは簡単です。同様の投資物件を容易・購入して運用すれば良いのです。

これはかなり極端な例ですが、民泊ビジネスに興味がある方はAirbnbセミナーに参加することがはじめてみて下さい。

大都市では、連日Airbnbの運用に関する無料のセミナーが開催されていますので、興味のある方はまずはセミナーに参加して、自分の目で耳でAirbnbの現状を確かめて、民泊ビジネスの参加を検討してください。

賃貸物件でも不動産投資ができる!?

サブリースで赤字なしの不動産運用って?

不動産投資

関連記事

ページ上部へ戻る